Home>  TotalPages148 prev next

Sat2018.06.09


恋のトビラ 好き、やっぱり好き。 石田衣良 角田光代 嶽本野ばら 島本理生 森絵都

恋のトビラ 好き、やっぱり好き。
石田衣良 角田光代 嶽本野ばら 島本理生 森絵都
集英社文庫

2018.6.7

ドラゴン&フラワー 石田衣良
卒業旅行 角田光代
Flying Guts 獄本のばら
初恋 島本理生
本当の恋 森絵都


裏表紙より。

素敵な出会いがない、好きな人はいるのにもう一歩が踏み出せない――
そんなあなたに人気作家5人が贈る、抱きしめたくなるほどいとおしい
ラブストーリー。大学で知り合った危険な匂いのする先輩、旅先の孤独感
から連れ出してくれた男性、オフィスで一目惚れした眼鏡の似合う彼……
女の子の心の鍵を開けてくれる男性との出会いが詰まってます。読むだけ
で恋したくなる、とびきりのアンソロジー。


えーと。
きっと、森絵都の「本当の恋」から引っ張ってきたんだな。

石田衣良って、こんな短編書くんだ。

角田光代は、自身の旅体験が生きてるんだろーなぁ。

「動けなくなったら、目を見開いてただ見るんだ。ずっと見ていると、
そこは知った場所になる。知った場所になれば、どう動き出せばいいかが
だんだんわかってくる。何があってもおれらはなんにもなくさないってことが、
わかってくる」


なるほど。

獄本のばら…
この長さで嶽本野ばらの魅力を感じるのは難しいかも。

島本理生、森絵都がよかったな。


[石田衣良]  [角田光代]  [嶽本野ばら]  [島本理生]  [森絵都

Fri2018.06.08


ベリーショート 谷村志穂

ベリーショート 谷村志穂
集英社文庫

2018.6.6

ストロベリー
 サトルとクミ
 わたしの教会
 スーは留学生
 十一歳、年上
 日々の愛
 ピアス
 ずっと、見ていた
ラズベリー
 セブンティーン
 父のへや
 優しい雨音
 先生、好きです
 冬の青い蝶
 いつもいい匂いのした女(ひと)
 海辺のサナトリウム)
ブルーベリー
 花火は遠く
 「スキ」へ向かう夕陽の道
 十二月の或る日
 冬のダッフルコート
 雪ウサギ往復書簡と花と詩と
 one night alone
クランベリー
 ペンギン
 今日は、シチューご飯
 風船ふー
 さらさらな私
 夢って何やの?
あとがき


裏表紙より。

放課後の教室、休み時間のおしゃべり、川沿いの通学路――「昨日、私は
一年と三か月ぶりに学校へいった」。片想い、ともだち、いじめ――切なくて
心が痛くなる。17歳。「大した悩みがあるわけじゃないのに、生きてるって
大変なことだって、この頃思う」。ピュアで多感な高校生のリアルな日々を、
小さな物語に紡ぎだした26篇。
甘酸っぱいベリーの味がする文庫オリジナル・ショート集。



初めてちゃんと読む谷村志穂が、
たまたま図書館で目についた『ベリーショート』。

200ページ弱の薄い本に26篇!
6、7ページの短編。
ショート・ショートのようにオチがあるわけでもなく。
連作短編なわけでもなく。
高校生の日々の1コマが切り取られている。
というか、切り取りっぱなし、も多々。
だからこそ、いくらでもふくらませる余地があるたくさんの物語

あとがきを読むと、実際高校生からの手紙にあったエピソードから
紡がれた物語らしい。

いいなぁ…

『凍りのくじら(辻村深月)』と『ストロベリーナイト(誉田哲也)』を
読んだ後だから、余計、キラキラ



[谷村志穂]  [ベリーショート]  [たにむらしほ

Thu2018.06.07


ストロベリーナイト 誉田哲也

ストロベリーナイト 誉田哲也
光文社文庫

2018.6.5

第1章
第2章
第3章
第4章
終章
解説  梅原潤一


裏表紙より。

溜め池近くの植え込みから、ビニールシートに包まれた男の惨殺死体が発見された。
警視庁捜査一課の警部補・姫川玲子は、これが単独の殺人事件で終わらないことに
気づく。捜査で浮上した謎の言葉「ストロベリーナイト」が意味するものは?クセ者揃い
の刑事たちとともに悪戦苦闘の末、辿り着いたのは、あまりにも衝撃的な事実だった。
人気シリーズ、待望の文庫化始動!



『ストロベリーナイト』、読んだことなかったよなー
と思って借りてみる。

エグ…
グロ…
ジェフリー・ディーヴァーとかスティーヴン・キングとか
翻訳物は平気なのに…

姫川、“優秀な刑事”な割に、メンタル弱すぎ。
あんまり魅力的じゃないなぁ…


[誉田哲也]  [ストロベリーナイト]  [ほんだてつや

Sun2018.06.03


ショート・トリップ 森絵都

ショート・トリップ 森絵都 長崎訓子・絵
集英社文庫

2018.6.1

ならず者18号
王様とカメと鈴木くん
究極の選択
いつかどこかで
共有
冒険王ヤーヤー
ヒッチハイカー、ヨーコ
旅人の椅子
時間旅行
大きなダディと小さなフランツェ
定められた旅
厳然たる三色の法則
脱サラの二人
借り物競走
奇跡の犬
ザ・リトル・ファシスト
2500年、宇宙の旅
いとしのローラ
おのおのの苦情
ならず者55号
ミステリー・トレイン
異文化探訪
世界観を変える驚愕の島
日曜日の朝は……
ファンタジア
ライラおばさんの宿
銀色の町
Trauma
バン爺の旅行鞄
紫の恐怖
アーニャの道
フルーティー・デイズ
ドクター・ガナイの航海記
ミッシング・ブライド
失踪した旅人に関する諸説
運命――unescapable journey
残酷なお人好したちの里
パッカラキン五世の生涯
注文のいらないレストラン
続異文化探訪
ジャンピエール・ロッシ
帰郷
花園
試食の人

王様と鈴木くん
アフター・フライ
ビフォア・フライ
あとがき
文庫版あとがき
ショート・ショート・トリップ  長崎訓子
旅のかす  いしいしんじ


裏表紙より。

「ならず者18号」に科せられた刑罰としての旅。道に迷った「奇跡の犬」の
壮大な冒険。生涯、孤高の旅人として生きた伝説の「試食の人」――。
ユーモアとサービス精神に溢れた旅を巡る48のショートショート集。単行本
未収録作品のほか、本文イラスト・長崎訓子の描きおろしストーリーや、
いしいしんじの特別寄稿も加えて、待望の文庫化!


さすがに48あると読みごたえがありますね



[森絵都]  [ショート・トリップ]  [もりえと

Tue2018.05.29


武士道ジェネレーション 誉田哲也 長崎訓子・絵

武士道ジェネレーション 誉田哲也 長崎訓子・絵
文藝春秋

2018.5.28

1 一張羅
 2 思いのほかハッピーでした
3 大仰天
 4 こんなはずでは……
5 後継者
 6 時代が動き始める予感
7 裏奥義
 8 変わったこと、変わらなかったこと
9 師匠談
 10 訊いてみました
11 異邦人
 12 これは、意外と根の深い問題かも
13 好敵手
 14 タイミング悪すぎ
15 大炎会
 16 逃げちゃ駄目だ
17 猛特訓
 18 袖振り合うも……
19 武勇伝
 20 違う、違うの!
21 御馴染
 22 なに考えているのよ……
23 求道者
 24 重大発表がございます
25 未来像


なんか… 早苗のキャラがここへきてときどき
「うへぇ」って感じ。
馬脚を現したというか。
作られた女のコって感じ?

まぁでも。
香織が幸せだし。
いい感じに終わりました。
めでたしめでたし。

にしても…
妊娠わかったばっかりで、剣道の稽古なんかしちゃダメなんじゃないかなぁ…
いいの?


[誉田哲也]  [武士道ジェネレーション]  [ほんだてつや]  [長崎訓子