Home>  TotalPages122 prev next

Wed2017.07.12


ラブコメ今昔 有川浩

ラブコメ今昔 有川浩
角川文庫

2017.7.11

ラブコメ今昔
軍事とオタクと彼
広報官、走る!
青い衝撃
秘め事
ダンディ・ライオン
 ~またはラブコメ今昔イマドキ編
単行本版あとがき
文庫版あとがき
解説  誉田哲也


裏表紙より。

「自衛隊員の皆さんに恋愛や結婚の経験談を語ってもらいたいんです」。
二等陸佐・今村和久の前に現れたのは、隊内紙の記者の元気娘・矢部
千尋二等陸尉。訊けば、夫婦の馴れ初めを、コラムに掲載したいという
のだが!?「みっともない」と逃げる今村、ねばる千尋。一歩もひかない
攻防戦の顛末は――!? 様々な思いが交錯する、自衛隊員の結婚を綴った
表題作を含む、十人十色の恋模様6編を収録した、国を守る男女の本気印
恋愛百景。



怒涛の有川浩のラブコメ4連発
からの
高村薫
からの、ラブコメ

自衛隊だけれど、3部作とは全然かぶってない。

うん十年振りに再会した中学の同級生が、自衛官になっていて、
でもその頃は当然この辺は読んでいなくて。
今会ったら、もっと色々聞けたのに…
と、ちょっと残念。

出だしでちょっと引っかかったのが、

習志野駐屯地自体は習志野市と何ら関係なく船橋市に所在する。

いやいやいや…
ややこしいけど、船橋市に習志野台って住所あるし。
隣、習志野市だし。
もともとあの辺一帯習志野だったとかいうし。
千葉県にあるのに、TOKYOディズニーランド、
みたいな言い方は、どうよ…

(習志野駐屯地の住所が薬円台だったのにはびっくり)

たまーに駅へ向かう途中、
あー、落下傘が…
と見るとはなしに眺めていた空挺降下?が、
ものすごく厳しい訓練だったとは…

というか、自衛官のみなさんが、こんなに真摯だなんて。
正直、全然知らなかった。

『図書館戦争』でも思ったけれど。
そして誉田哲也も書いているけれど。
有川浩、すごく深い話を書いているのに、
ラブコメが突出しすぎていて、もしかして残念?
でも、ラブコメまみれだから、
こんなに面白く読めるともいえ…

ともあれ、ほんと、有川浩、侮ってました。
反省


[有川浩]  [ラブコメ今昔]  [ありかわひろ

Mon2017.07.10


土の記 上・下 高村薫

土の記 上・下 高村薫
新潮社

2017.7.8

1
2

15

高村薫なのに、意外と薄い(上下あるけれど)
と読み始め。
あぁ高村薫だー…
というリズムと世界に入り込み、
でも、
No 合田?
No 宗教?
これ、何の話?
合田雄一郎なしに、この独特の世界に
最後まで付き合えるんだろーか…
と、不安がよぎるけれど…
意外とすんなり没入。

いや、最初の方は、いつのまにか人が変わっていて
え? どこからこの人に?
と思ったりもしたけれど。
もー、気にせず流す…
下巻の最後の方、登場人物が若干わからないけれど、
あきらめて流す…

面白かった


[高村薫]  [土の記]  [たかむらかおる

Wed2017.07.05


クジラの彼 有川浩

クジラの彼 有川浩
角川文庫

2017.7.3

クジラの彼
ロールアウト
国防レンアイ
有能な彼女
脱柵エレジー
ファイターパイロットの君
あとがき
解説  杉江松恋


裏表紙より。

『元気ですか? 浮上したら漁火がきれいだったので送ります』
彼からの2ヶ月ぶりのメールはそれだけだった。聡子が出会った
冬原は潜水艦(クジラ)乗り。いつ出かけてしまうか、いつ帰って
くるのかわからない。そんなクジラの彼とのレンアイには、いつも
7つの海が横たわる……。表題作はじめ、『空の中』『海の底』の
番外編も収録した、男前でかわいい彼女たちの6つの恋。
有川浩がおくる制服ラブコメシリーズ第1弾!!



「『クジラの彼』がすごくいいんですよ
 大好き
と、後輩が力説していたワケです。
冬原、素敵すぎ

『海の底』では、夏木がよかったけれど。
「クジラの彼」と「有能な彼女」では、
「クジラの彼」の冬原~

「ファイターパイロットの君」の高巳って…
あぁ、『空の中』で大活躍の春名高巳くんか。

怒涛の有川浩のラブコメ4連発
しあわせ


[有川浩]  [クジラの彼]  [ありかわひろ

Mon2017.07.03


海の底 有川浩

海の底 有川浩
角川文庫

2017.6.30

一日目、午前。
一日目、午後。
二日目。
三日目。
四日目。
五日目。
最終日。――そして、
あとがき
番外編 海の底・前夜祭
解説  大森望


裏表紙より。

4月。桜祭りで開放された米軍横須賀基地。停泊中の海上自衛隊
潜水艦『きりしお』の隊員が見た時、喧噪は悲鳴に変わっていた。
巨大な赤い甲殻類の大群が基地を闊歩し、次々に人を「食べている」!
自衛官は救出した子供たちと潜水艦へ立てこもるが、彼らはなぜか
「歪んでいた」。 一方、警察と自衛隊、米軍の駆け引きの中、
機動隊は凄絶な戦いを強いられていく――
ジャンルの垣根を飛び越えたスーパーエンタテインメント!!



巨大な赤い甲殻類
って言われて、カニを想像したら、
エビ…

夏木と冬原。
堂上と小牧か…

続きが気になって、2時までかかって一気読み
『塩の街』も、あとちょっとだから、と思ったら
1時になっちゃったんだよな。
眠い…
でも面白かった

そしてラブコメ
けっこう激アマ

“自衛隊3部作”、なんていうからスルーしてたのが
もったいない

自衛隊3部作、
やっぱり秋庭かな…


[有川浩]  [海の底]  [ありかわひろ

Sun2017.07.02


塩の街 有川浩

塩の街 有川浩
角川文庫

2017.6.29

塩の街
Scene-1. 街中に立ち並び風化していく塩の柱は、もはや何の変哲もないただの景色だ。
Scene-2. それでやり直させてやるって言ったんじゃねえのかよ。
Scene-3. この世に生きる喜び そして悲しみのことを
インターミッション ―幕間―
Scene-4. その機会に無心でいられる時期はもう過ぎた。
Scene-5. 変わらない明日が来るなんて、もう世界は約束してくれないのを知っていたのに。
Scene-6. 君たちの恋は君たちを救う。
塩の街、その後
塩の街 -debriefing- 旅のはじまり
塩の街 -briefing- 世界が変わる前と後
塩の街 -debriefing- 浅き夢みし
塩の街 -debriefing- 旅の終わり

あとがき
『塩の街』との出会い  徳田直巳


裏表紙より。

塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。塩は着々と街を飲み込み、社会を
崩壊させようとしていた。その崩壊寸前の東京で暮らす男と少女、秋庭と
真奈。世界の片隅で生きる2人の前には、様々な人が現れ、消えていく。
だが―― 「世界とか、救ってみたくない?」。 ある日、そそのかすように
囁く者が運命を連れてやってくる。 『空の中』『海の底』と並ぶ3部作の
第1作にして、有川浩のデビュー作! 番外編も完全収録!!



これがデビュー作なんだー。
げ。
3部作の第1作?
だって、カバー裏の順番が
空の中
海の底
塩の街
だよ…

ま、順番はどうでもいいのか。

秋庭が次元みたいでかっこ良すぎ

そっか。
堂上教官か。

やっぱり有川浩はラブコメなんだ。

これがデビュー作

有川浩、すごいな…


[有川浩]  [塩の街]  [ありかわひろ