Home>  TotalPages115 prev next

Thu2017.04.06


雪煙チェイス 東野圭吾

雪煙チェイス 東野圭吾
実業之日本社文庫

2017.4.6

裏表紙より。

無実の証人を探せ!
追跡者(チェイサー)が来る前に

殺人の容疑をかけられた大学生の脇坂竜実。彼のアリバイを証明できる
唯一の人物――正体不明の美人スノーボーダーを捜しに、竜実は日本
屈指のスキー場に向かった。それを追うのは「本庁より先に捕らえろ」と
命じられた所轄の刑事・小杉。村の人々も巻き込み、広大なゲレンデを
舞台に予測不能のチェイスが始まる!
どんでん返し連続の痛快ノンストップ・サスペンス。



たしかに殺人事件があって、サスペンス、という出だし。
でも…
なんだかちっちゃいというか。
あまりにご都合主義な展開で、
ツッコむ気にもならない…

途中、ラジオの話で
黄色い絵の具と青い絵の具を食べちゃってた、
という箇所で、

ん?
つい最近読んだ?
『横浜駅SF』じゃないし…
『明るい夜に出かけて』?
… じゃないよなー…
なんだろー…

って、『恋のゴンドラ』か!
『横浜駅SF』と『明るい夜に出かけて』が幸せすぎて
『恋のゴンドラ』読んだこと自体、もうすっかり忘れてた。

でもって、こんな話、2度もするな!
1回目は何もひっかからずスルーできたけど、
こんな話、2回も読まされたくない。

『恋のゴンドラ』も『雪煙チェイス』も、
東野圭吾ならなんでもいいのか
って感じ。

ほんと。
ひどいと思う。


[東野圭吾]  [雪煙チェイス]  [ひがしのけいご

Wed2017.04.05


横浜駅SF 柞刈湯葉

横浜駅SF 柞刈湯葉 イラスト田中達之
カドカワBOOKS

2017.4.3

1. 時計じかけのスイカ
   A CLOCKWORK TICKET
2. 構内二万営業キロ
   20000 KILOMETERS IN THE YARD
3. アンドロイドは電化路線の夢を見るか?
   DO ANDROIDS DREAM OF ELECTRIC WIRES?
4. あるいは駅でいっぱいの海
   OR ALL THE SEAS WITH STAITIONS
5. 増築主の掟
   CODE OF THE REBUILDER
6. 改札器官
   TURNSTILE ORGAN
エピローグ
あとがき


裏表紙より。

 改築工事を繰り返す<横浜駅>が、ついに自己増殖を開始。
それから数百年――JR北日本・JR福岡2社が独自技術で防衛
戦を続けるものの、日本は本州の99%が横浜駅化した。
 脳に埋め込まれたSuikaで人間が管理されるエキナカ社会。
その外側で暮らす非Suika住民のヒロトは、駅への反逆で追放
された男から『18きっぷ』と、ある使命を託された。
 はたして、横浜駅には何があるのか。人類の未来を懸けた、
横浜駅構内5日間400キロの旅がはじまる――。



学生時代、さんざん利用した横浜駅。
まだ工事中でびっくり
数年前は、ダイヤモンド地下街も変わっていなかったけれど、
どうやらジョイナスとつながったんだかなんだかで、
ちょっとかわったらしい…
でもまだまだ工事中。
岡田屋MORE'Sよ永遠に

…などという思いがあるので、
『横浜駅SF』、楽しみだったし、楽しかった

もう、章のタイトルを見ただけで、わくわく

時計じかけのオレンジ
A CLOCKWORK ORANGE
アンソニー・バージェス

海底二万哩
20000 LEAGUES UNDER THE SEA
ジュール・ヴェルヌ

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?
DO ANDROIDS DREAM OF ELECTRIC SHEEP?
フィリップ・K・ディック

あるいは牡蛎でいっぱいの海
OR ALL THE SEAS WITH OYSTERS
アヴラム・デイヴィッドスン

造物主の掟
CODE OF THE LIFEMAKER
ジェイムズ・P・ホーガン

虐殺器官
GENOCIDAL ORGAN
伊藤計劃

『あるいは牡蛎でいっぱいの海』?
筒井康隆の『あるいは酒でいっぱいの海』ではなく?
こんど読んでみよう。

『横浜駅SF』、横浜市民のセンパイはご存知でしたが、
うちの近所では、認知度ゼロみたい…
森絵都の『みかづき』は、リクエストの順番、
全然回ってこないのに…

『横浜駅SF』、続きあるかな


[柞刈湯葉]  [横浜駅SF]  [いすかりゆば]  [田中達之

Mon2017.04.03


三鬼 三島屋変調百物語四之続 宮部みゆき

三鬼 三島屋変調百物語四之続 宮部みゆき
日本経済新聞出版社

2017.4.1


第1話 迷いの旅籠
第2話 食客ひだる神
第3話 三鬼
第4話 おくらさま


三島屋…も、早4部!
挿し絵が今までと全然雰囲気が違って…
「あんじゅう」がこのタッチだったら、きっと泣かなかった

「食客ひだる神」がちょっと「あんじゅう」っぽく
ほのぼの系。

青野利一郎との別れは… 必然なのかなぁ…


[宮部みゆき]  [三鬼]  [三島屋変調百物語四之続]  [みやべみゆき

Thu2017.03.30


明るい夜に出かけて 佐藤多佳子

明るい夜に出かけて 佐藤多佳子
新潮社

2017.3.29

第1章 青くない海を見てる
第2章 ミス・サイコ
第3章 二つの名前
第4章 ただの落書きなのに
第5章 エンド・オブ・ザ・ワールド


よかった
なんか、しみじみ幸せな気分…
いつまでも読んでいたかった。


[佐藤多佳子]  [明るい夜に出かけて]  [さとうたかこ

Wed2017.03.29


恋のゴンドラ 東野圭吾

恋のゴンドラ 東野圭吾
実業之日本社

2017.3.27

ゴンドラリフト
プロポーズ大作戦
ゲレコン
スキー一家
プロポーズ大作戦
リベンジ
ゴンドラ リプレイ


東野圭吾だからミステリ、もしくは、スリルとサスペンス系かと思ったら、
ただの恋愛小説。
連作短編。

軽い。

それなりに面白くは読めたけど。
最後のオチ、いるのか…?

ここは予定調和のハッピーエンドでよかったのでは。

東野圭吾なら何でもいいのか

まぁ、東野圭吾ですからね…

という感じ。

1つ勉強になったのは、「神社仏閣」。
神社と寺。
仏閣=寺。
寺社=寺と神社。
寺社仏閣は、「神社仏閣」と「寺社」が混ざったらしー…
知らなんだ…


[東野圭吾]  [恋のゴンドラ]  [ひがしのけいご