Home>  TotalPages120 next

Sun2017.06.25


不死販売株式会社 ロバート・シェクリー 福島正実訳

不死販売株式会社 ロバート・シェクリー 福島正実訳
少年少女世界SF文学全集9
あかね書房

Immortality,Inc.
Robert Sheckley

2017.6.24

はじめに  福島正実
衝突
未来に生きかえる
レックス動力会社
計画中止
22世紀の世界
誘拐
お前の番だ!
レイリー社長
ゾンビー
自信をもって
友との再会
霊魂交換局
狂剣士
狩人の群れ
つきまとうゾンビー
戦いの朝
一騎うち
さわぐ幽霊
地下世界
墓の中で
あやしい女
疑惑の雲
来世会社からの使い
陰謀だ!
絶体絶命
追放
脱出
心とからだをばらばらに
心の旅路
あらわれたゾンビー
殺人者は……
来世へ
解説  福島正実
さしえ  中山正美


ロバート・シェクリーを探したら、
えらい古い本しかない…

“少年少女”世界SF文学全集なせいか、
文中に挿し絵があって、
懐かしの児童文学な感じ…

Immortality,Inc.
発想が面白い


[ロバート・シェクリー]  [不死販売株式会社]  [福島正実

Fri2017.06.23


宇喜多の捨て嫁 木下昌輝

宇喜多の捨て嫁 木下昌輝
文藝春秋

2017.6.22

宇喜多の捨て嫁
無想の抜刀術
貝あわせ
ぐひんの鼻
松之丞の一太刀
五逆の鼓


2012年、オール讀物新人賞受賞

新人賞
かなりの手練れ
あ、新人賞は短編としての「宇喜多の捨て嫁」?

タイトルと表紙の絵の不気味さ(でも美しい)で
読まなかったのがもったいない。

面白かったー

時系列がちょっとわかりにくかったのだけれど。
「宇喜多の捨て嫁」から一旦過去に遡って
「五逆の鼓」と「宇喜多の捨て嫁」のラストが
重なるのか。

そんなに厚い本ではないのに、結構ずっしり。

で。
真田太平記に出てくるのは… 宇喜多秀家?
でも、病で頭巾被ってたような…
『真田太平記』、読み返すかな


[木下昌輝]  [宇喜多の捨て嫁]  [きのしたまさき

Mon2017.06.19


秒読み 筒井康隆コレクション 筒井康隆 加藤伸吉画

秒読み 筒井康隆コレクション 筒井康隆 加藤伸吉画
福音館書店

2017.6.16

到着
マグロマル
お助け
駝鳥
蟹甲癬
時越半四郎
バブリング創世記
睡魔のいる夏
笑うな
走る取的
遠い座敷
関節話法
秒読み
熊の木本線
解説 線の上に  長嶋有


『闘技場 フレドリック・ブラウンコレクション』が、
“ボクラノSF”というシリーズで。
筒井康隆コレクションもあったので借りてみた。

筒井康隆、久しぶり♪

「到着」のあまりの短さに、どうしようかと思ったけれど。
さすが筒井康隆
引き出しがいっぱい。

「笑うな」のタイムマシンの使い方のぜいたくなこと!
「バブリング創世記」、校閲さん、大変だったろーなぁ…
「睡魔のいる夏」のなんと静かで美しい世界。
「秒読み」もちょっと同じ味わい。

『くだんのはは』っぽい感じもあって。
『くだんのはは』… 小松左京か

長嶋有の解説が、贅沢な気分の総仕上げ

できれば、各作品の初出を載せてほしかったなー。


[筒井康隆]  [秒読み]  [筒井康隆コレクション]  [加藤伸吉

Sun2017.06.18


火花 又吉直樹

火花 又吉直樹
文藝春秋

2016.6.15


今さらやっと『火花』。

意外と薄い。

2015年、第153回芥川龍之介賞受賞作。

文学作品なんだー…

書いたのが又吉じゃなかったら、
こんなに売れなかっただろーなぁ。
『校閲ガール』で、純文学で売れなかったみたいな話が
出てきていたせいか、強く思う。

もっとギラギラヒリヒリしたお話かと思っていたけれど。
全然違った。
主人公の生きにくさとか、あまり伝わってこない。
面白い…?

1日で読めるかと思ったら、十数ページ残して読み切れず。
1日2日して、最後読んで、ちょっとびっくり。
え?
なにこの展開

とりあえず、2作目読んだら、また再読
… しなくていいかな。


[又吉直樹]  [火花]  [またよしなおき

Sat2017.06.17


エステルハージ博士の事件簿 アヴラム・デイヴィッドスン 池央耿訳

エステルハージ博士の事件簿 アヴラム・デイヴィッドスン 池央耿訳
河出書房新社

THE ENQUIRIES OF DOCTOR ESZTERHAZY
Avram Davidson

2017.6.15

眠れる童女、ポリー・チャームズ
エルサレムの王冠 または、告げ口頭
熊と暮らす老女
神聖伏魔殿
イギリス人魔術師 ジョージ・ペンバートン・スミス卿
真珠の擬母
人類の夢 不老不死
夢幻泡影 その面差しは王に似て
解説  殊能将之


「BOOK」データベースより。

時は19世紀と20世紀の変わり目、舞台はバルカン半島中央部に位置する
架空の小国スキタイ=パンノニア=トランスバルカニア三重帝国。法学、医学、
哲学、文学、理学、その他もろもろ博士号を持ち、大都ベラでただひとり
私兵を雇う資格を持つ、希代の大博士エンゲルベルト・エステルハージが
さまざまな怪事件を解決する。30年の眠りにつく童女の謎、盗まれた宝冠の
行方、老女と暮らす熊の正体、魔を呼ぶ集会、イギリス人の魔術師の野望、
川に伝わる美しい乙女の伝説、そして不老不死の夢……。怪談、スリラー、
探偵小説、幻想譚、喜劇、民話に彩られた、異色事件簿。博覧強記の幻想
作家デイヴィッドスンの最高傑作がついに邦訳。世界幻想文学大賞受賞。



なんとも不思議なお話。
ちょっとオチがわからなかったところもあったけれど。
“事件簿”…
ちょっとクセになりそうなファンタジー


[アヴラム・デイヴィッドスン]  [エステルハージ博士の事件簿]  [池央耿