Home>アンソロジー(category)  TotalPages6 prev next

Sat2015.10.17


ひとなつの。 真夏に読みたい五つの物語 角川文庫編集部編

ひとなつの。 真夏に読みたい五つの物語 角川文庫編集部編
大島真寿美 瀧羽麻子 藤谷治 森見登美彦 椰月美智子
角川文庫

2015.10.15

郵便少年
 森見登美彦
フィルムの外
 大島真寿美
三泊四日のサマーツアー
 椰月美智子
真夏の動物園
 瀧羽麻子
ささくれ紀行
 藤谷治


裏表紙より。

7月のある日、「郵便」を発見したぼくの、胸がきゅんとするやりとり
――(「郵便少年」森見登美彦)。映画の撮影用に借りた家に住む
ことになった映画監督の息子の夏(「フィルムの外」大島真寿美)。
浪人2年目の夏、青春18きっぷを片手に出かけたあてのない逃避行
――(「ささくれ紀行」藤谷治)。夏をテーマに大島真寿美、瀧羽麻子、
藤谷治、森見登美彦、椰月美智子が競作。まぶしい日差しの中、
きらきら光る刹那を切り取った物語。


森見登美彦で借りてみた。

◇郵便少年 森見登美彦(もりみ とみひこ)
『ペンギン・ハイウェイ』的な読後感。
って、もしかして「アオヤマ君」って、『ペンギン・ハイウェイ』のコ?

◇フィルムの外 大島真寿美(おおしま ますみ)
ニュー・シネマ・パラダイス、的な?
甘やかさ。
否応(いやおう)なしを、
否も諾もなく(いなもおもなく)
ともいうんだ…

◇三泊四日のサマーツアー 椰月美智子(やづき みちこ)
沖縄の島を舞台に夏がはじけてます^^

◇真夏の動物園 瀧羽麻子(たきわ あさこ)
他のも読んでみようかな。

◇ささくれ紀行 藤谷治(ふじたに おさむ)
これはどーも… やや消化不良
大人になった僕が思わせぶりな語り口で。
これってエッセイ?


[ひとなつの。]  [真夏に読みたい五つの物語]  [大島真寿美]  [瀧羽麻子]  [藤谷治]  [森見登美彦]  [椰月美智子

Mon2015.09.14


あの街で二人は ‐SEVEN LOVE STORIES‐

あの街で二人は ‐SEVEN LOVE STORIES‐
村山由佳 加藤千恵 山本文緒 マキヒロチ 畑野智美 井上荒野 角田光代
新潮文庫

2015.9.10

村山由佳
 アンビバレンス  六本木ヒルズ展望台/東京シティビュー
加藤千恵
 パノラマパーク パノラマガール  伊豆の国パノラマパーク/空中公園
山本文緒
 バヨリン心中  浜名湖かんざんじ温泉
マキヒロチ
 10年目の告白  ラ チッタデッラ
畑野智美
 黒部ダムの中心で愛を叫ぶ  黒部ダムの麓 信濃大町
井上荒野
 最後の島  牛窓/オリーブ園 幸福の鐘
角田光代
 その、すこやかならざるときも  かのやばら園
舞台になった「恋人の聖地」マップ


裏表紙より。

私はきっと、探していたんだと思う。迷える恋の行きつく場所を。
心が解き放たれる瞬間を――。隠してきた気持ちを打ち明ける決意、
恋人未満の男友だちとの転機。そして、平凡な日常を鮮やかに一変
させた大恋愛。すべて、あの風景に出会ったことがきっかけだった。
全国の「恋人の聖地」を舞台に、七人の作家たちが彷徨う想いを
丁寧に紡ぎだす。宝石のようにきらめく最高のアンソロジー。


ちゃんとした短編集だった
どれもそれなりに楽しめた。
井上荒野のラストは、「ここでおしまい?」と、ちょっとびっくり。

加藤千恵、初かと思ったら、『あのころの、』で読んでいた。
「耳の中の水」?
どんなお話だっけ…
今回の方が印象に残りそう。
岡崎京子、出てくるし。

村山由佳、畑野智美は初。
あ、マキヒロチも。

村山由佳が初って…
そろそろちゃんと読んでみますか。


[あの街で二人は]  [村山由佳]  [加藤千恵]  [山本文緒]  [マキヒロチ]  [畑野智美]  [井上荒野]  [角田光代

Sun2015.09.06


Story Seller annex 新潮社ストーリーセラー編集部編

Story Seller annex 新潮社ストーリーセラー編集部編
有川浩 恩田陸 近藤史恵 道尾秀介 湊かなえ 米澤穂信
新潮文庫

2015.8.31

暗がりの子供
 道尾秀介
トゥラーダ
 近藤史恵
R-18―二次元規制についてとある出版関係者たちの雑談
 有川浩
万灯
 米澤穂信
ジョン・ファウルズを探して
 恩田陸
約束
 湊かなえ


裏表紙より。

大好評アンソロジー「Story Seller」の姉妹編をお届けします。今回も、
6名の超人気作家が豪華競演。オール読みきりで、読み応え抜群の
作品を詰め込みました。あっと驚かされるミステリ、くすりと笑える話から、
思わず涙がこぼれる恋愛小説まで。物語の力にどっぷり惹き込まれる
幸せな読書体験をどうぞ。お気に入りが見つかったら次の本を探せる、
作家別著作リストも完備しました。



◇暗がりの子供
  道尾秀介なのに、こわくない。
  なんとなく物足りない。

◇トゥラーダ
  白石誓(ちかう)がポルトガルに移住したときの話。
  シリーズ読み返したくなりました。

◇R-18―二次元規制についてとある出版関係者たちの雑談
  『図書館戦争』と地続きな感じのお話。
  結構面白かった。

◇万灯
  うーん…
  よくできた短編だと思うけれど
  ちょっと時代が古いので…

◇ジョン・ファウルズを探して
  最初に有川浩を読んで、次にこれを読んだので…
  これって、小説?
  『ストーリーセラー』ってこんなだっけ…
  『フランス軍中尉の女』、どんな話だったか…

◇約束
  んー…
  トンガが出てくる意味があるんだろうか…
  有川浩、恩田陸、湊かなえ…
  残るは3作… 

カバーには
読み応えは長編並、
読みやすさは短編並

とあるけれど、ちょっと肩透かし^^;


[Story]  [Seller]  [annex]  [有川浩]  [恩田陸]  [近藤史恵]  [道尾秀介]  [湊かなえ]  [米澤穂信

Mon2015.03.09


この部屋で君と 朝井リョウ 飛鳥井千砂 越谷オサム 坂木司 徳永圭 似鳥鶏 三上延 吉川トリコ

この部屋で君と
朝井リョウ 飛鳥井千砂 越谷オサム 坂木司 徳永圭 似鳥鶏 三上延 吉川トリコ
新潮文庫

2015.2.28

朝井リョウ   それでは二人組を作ってください
飛鳥井千砂  隣の空も青い
越谷オサム  ジャンピングニー
坂木司     女子的生活
徳永圭     鳥かごの中身
似鳥鶏     十八階のよく飛ぶ神様
三上延     月の沙漠を
吉川トリコ   冷やし中華にマヨネーズ


裏表紙より。

誰かと一緒に暮らすのはきっとすごく楽しくて、すごく面倒だ。
「いつかあの人と同じ家に住めたらいいのに」「いずれこの二人暮らしは
終わってしまうんだろうか」 それぞれに想いを抱えた腐れ縁の恋人たち、
趣味の似た女の子同士、傷心の青年と少女、出張先の先輩と後輩、
住みついた妖怪と僕……気鋭の作家8名がさまざまなシチュエーションを
詰め込んだひとつ屋根の下アンソロジー。



朝井リョウ。
のっけから、ちょっとツライ…
後味もよろしくない感じ。
朝の通勤電車で読んだので、気分の悪いまま1日が始まるのか… と、
ちょっと腹が立つ
キラキラの朝井リョウが読みたい

それぞれの話に出てくる部屋の間取り図があって楽しい

「女子的生活」に、
一回も見ていないドラマでも、別れのシーンだったら絶対泣く。
泣きまくる。しかしあれ、どうやって感情移入してるんだろ。

とあるけれど。
私も泣く自信ある
泣きまくりはしないけど、ウルっとくる。
トシのせい? 油断大敵。


カバーより。

朝井リョウ Asai Ryo
1989(平成元)年、岐阜県生れ。早稲田大学在学中の2009年、
『桐島、部活やめるってよ』で小説すばる新人賞受賞。
'12年『何者』で直木賞受賞。

飛鳥井千砂 Asukai Chisa
1979(昭和54)年、愛知県出身。
2005(平成17)年『はるがいったら』で小説すばる新人賞受賞。
他に『君は素知らぬ顔で』『女の子は、明日も。』など。

越谷オサム Koshigaya Osamu
1971(昭和46)年、東京生まれ。2004(平成16)年
『ボーナス・トラック』で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞。
'13年『陽だまりの彼女』がミリオンセラーを記録。

坂木司 Sakaki Tsukasa
1969(昭和44)年、東京生まれ。2002(平成14)年『青空の卵』で
覆面作家としてデビュー。他に『夜の光』『和菓子のアン』など。

徳永圭 Tokunaga Kei
1982(昭和57)年、愛知県生まれ。2011(平成23)年
『をとめ模様、スパイ日和』でボイルドエッグズ新人賞を受賞。
他に『その名もエスペランサ』など。

似鳥鶏 Nitadori Kei
1981(昭和56)年、千葉県生まれ。2006(平成18)年
『理由あって冬に出る』で鮎川哲也賞に佳作入選し、デビュー。
他に『戦力外捜査官』シリーズなど。

三上延 Mikami En
1971(昭和46)年、神奈川県生まれ。
2002(平成14)年に『ダーク・バイオレッツ』でデビュー。
代表作に『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズがある。

吉川トリコ Yoshikawa Toriko
1977(昭和52)年、愛知県生まれ。2004(平成16)年『ねむりひめ』で
女による女のためのR-18文学賞大賞・読者賞受賞。
他に『ミドリのミ』など。



[この部屋で君と]  [朝井リョウ]  [飛鳥井千砂]  [越谷オサム]  [坂木司]  [徳永圭]  [似鳥鶏]  [三上延]  [吉川トリコ

Sun2015.03.08


ワンダフル ストーリー 伊坂幸犬郎 犬崎梢 木下半犬 横関犬 貫井ドッグ郎

ワンダフル ストーリー 伊坂幸犬郎 犬崎梢 木下半犬 横関犬 貫井ドッグ郎
PHP研究所

Wonderful Story
伊坂幸太郎 大崎梢 木下半太 横関大 貫井徳郎

2015.3.3

イヌゲンソーゴ     伊坂幸犬郎
海に吠える      犬崎梢
バター好きのヘミングウェイ  木下半犬
パピーウォーカー   横関犬
犬は見ている     貫井ドッグ郎
解説 友清哲


著者略歴より。

伊坂幸犬郎(伊坂幸太郎 いさかこうたろう)
1971年、千葉県生まれ。東北大学法学部卒。
2000年に『オーデュボンの祈り』で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を
受賞してデビュー。
04年に『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞、
08年に『ゴールデンスランバー』で第21回山本周五郎賞と
第5回本屋大賞をダブル受賞するなど、受賞歴多数。

犬崎梢(大崎梢 おおさきこずえ)
東京都生まれ。書店勤務を経て、2006年に『配達あかずきん』でデビュー。
11年には『スノーフレーク』が映画化。主な作品に『平台がお待ちかね』
『プリティが多すぎる』『ふたつめの庭』『忘れ物が届きます』ほか多数。
また編著書に『大崎梢リクエスト! 本屋さんのアンソロジー』がある。

木下半犬(木下半太 きのしたはんた)
1974年、大阪府生まれ。劇団『渋谷ニコルソンズ』主宰の傍ら、
2006年に『悪夢のエレベーター』で小説家デビュー。以降「悪夢」
シリーズで人気を博すほか、『サンブンノイチ』『アヒルキラー~新米刑事
赤羽健吾の絶対絶命~』『女王ゲーム』『宝探しトラジェディー』など
多くの作品を発表。また、脚本家、俳優としても活動中

横関犬(横関大 よこぜきだい)
1975年、静岡県生まれ。武蔵大学人文学部卒。
2010年に『再会』で第56回江戸川乱歩賞を受賞してデビュー。
他の作品に『グッバイ・ヒーロー』『チェインギャングは忘れない』
『偽りのシスター』『沈黙のエール』がある。

貫井ドッグ郎(貫井徳郎 ぬくいとくろう)
1968年、東京都生まれ。早稲田大学商学部卒。
93年、第4回鮎川哲也賞最終候補作となった『慟哭』でデビュー。
2010年に『乱反射』で第63回推理作家協会賞を、
『後悔と真実の色』で第23回山本周五郎賞を受賞。
主な作品に『失踪症候群』をはじめとする「症候群シリーズ」、
『追憶のかけら』『新月譚』『私に似た人』ほか多数。


◇ イヌゲンソーゴ
伊坂幸太郎… らしいけれど、面白いのかな、これ

◇ 海に吠える
涙腺ユルイので、通勤電車の中で泣きそうに。

◇ バター好きのヘミングウェイ
「可哀想なイヌたちに愛の手を」って、詐欺じゃないの?
500万あげちゃって、ほんとに犬のために使われるの?
あ、でも、犬の写真がホンモノだったから、
ちゃんと保健所の犬のために使われるのか

◇ パピーウォーカー
ちょっと坂木司っぽい。

◇ 犬は見ている
貫井徳郎、終わり方がこわい…


[ワンダフル]  [ストーリー]  [伊坂幸犬郎]  [犬崎梢]  [木下半犬]  [横関犬]  [貫井ドッグ郎