Home>アンソロジー(category)  TotalPages6 prev next

Sat2016.06.25


十の罪業 BLACK エド・マクベイン編

十の罪業 BLACK エド・マクベイン編
ジェフリー・ディーヴァー スティーヴン・キング ジョイス・キャロル・オーツ ウォルター・モルズリイ アン・ペリー
創元推理文庫

2016.6.10

永遠
 ジェフリー・ディーヴァー
彼らが残したもの
 スティーヴン・キング
玉蜀黍の乙女(コーンメイデン)――ある愛の物語
 ジョイス・キャロル・オーツ
アーチボルド――線上を歩く者
 ウォルター・モズリイ
人質
 アン・ペリー
著者紹介


裏表紙より。

巨匠マクベインの呼びかけに応え、名だたる人気作家が
一堂に会した書き下ろしアンソロジー――それが本書である。
広義のミステリを書くこと以外は制約を受けず、各人が腕を
ふるった成果をご覧いただきたい。本巻には、数学者刑事が
活躍するディーヴァー渾身の雄編「永遠」を筆頭に、キングが
語る9・11秘話「彼らが残したもの」、オーツ、モズリイ、ペリー
らの力作中編、全5編を収録。


再読、なのにほとんど覚えていない…

ジョイス・キャロル・オーツは、これではじめて読んだのでした。

『十の罪業』なのに、5編しかない…
と思ったら、BLACKとREDがあるのね。
さて、REDは読んだことがあるのでしょうか…


[十の罪業]  [BLACK]  [エド・マクベイン編]  [ジェフリー・ディーヴァー]  [スティーヴン・キング]  [ジョイス・キャロル・オーツ]  [ウォルター・モルズリイ]  [アン・ペリー

Tue2015.10.20


不思議の扉 午後の教室 大森望編

不思議の扉 午後の教室 大森望編
芥川龍之介 有川浩 小松左京 ジョー・ヒル 平山夢明 古橋秀之 湊かなえ 森見登美彦
角川文庫

2015.10.17

インコ先生
 湊かなえ
三時間目のまどか
 古橋秀之
迷走恋の裏路地
 森見登美彦
S理論
 有川浩
お召し
 小松左京
テロルの創世
 平山夢明
ポップ・アート
 ジョー・ヒル
安吉の手帳から
 芥川龍之介
解説 学園ワンダーランドへようこそ  大森望
カバーイラスト  カスヤナガト


裏表紙より。

学校には不思議な話がつまっています。教室の窓から決まった時間に
だけ見える女子高校生、大人たちの消えた世界を生きる小学生たち、
風船少年との交流――。いつもの日常がぐにゃりと曲がって見える、
そんな不思議な読書体験が待っています。湊かなえ、古橋秀之、森見
登美彦、有川浩、小松左京、平山夢明、ジョー・ヒル、芥川龍之介、
古今東西人気作家たちの書籍初収録作や不朽の名作を集めた、短編
小説アンソロジー第4弾!



これも森見登美彦で借りてみた。

◇インコ先生 湊かなえ(みなと かなえ)
7ページ。
超短編。
しかもほのぼの。

◇三時間目のまどか 古橋秀之(ふるはし ひでゆき)
教室の窓の向こうに見えるのは、パラレルワールド
かと思いきや、6年前の教室!
クラスメイトのおばさんに関するタイムパラドックスは…
ま。 いっか。
ほのぼのだし。

◇迷走恋の裏路地 森見登美彦(もりみ とみひこ)
『夜は短し歩けよ乙女』の先輩のナカメ作戦。
なるべく彼女の目にとまる作戦…

◇S理論 有川浩(ありかわ ひろ)
『S理論』=スズキのすごい理論。
未来を完全に予測できる公式が完成したら、未来は…
『何も変わらない』
誰かにとって都合のいい選択は、反対側の立場の誰かにとっては
都合の悪い選択なんだよ。つまり、立場が違う奴が常に反対の
選択をしつづけるから、永遠に相殺しあって結局何も変わらない

相変わらずさらっと書いてます。

◇お召し 小松左京(こまつ さきょう)
冒頭の養魚池の話、解説を読むまで流してました

◇テロルの創世 平山夢明(ひらやま ゆめあき)
『わたしを離さないで』的なお話。
と、思ったら、こちらの方が5年ほど早いそうで…
『独白するユニバーサル横メルカトル』と『ミサイルマン』ね。
借りてみよう

◇ポップ・アート ジョー・ヒル
最高傑作… なのか…

◇安吉の手帳から 芥川龍之介(あくたがわ りゅうのすけ)
『夢十夜』的な…


[不思議の扉]  [午後の教室]  [大森望]  [芥川龍之介]  [有川浩]  [小松左京]  [ジョー・ヒル]  [平山夢明]  [古橋秀之]  [カスヤナガト

Sat2015.10.17


ひとなつの。 真夏に読みたい五つの物語 角川文庫編集部編

ひとなつの。 真夏に読みたい五つの物語 角川文庫編集部編
大島真寿美 瀧羽麻子 藤谷治 森見登美彦 椰月美智子
角川文庫

2015.10.15

郵便少年
 森見登美彦
フィルムの外
 大島真寿美
三泊四日のサマーツアー
 椰月美智子
真夏の動物園
 瀧羽麻子
ささくれ紀行
 藤谷治


裏表紙より。

7月のある日、「郵便」を発見したぼくの、胸がきゅんとするやりとり
――(「郵便少年」森見登美彦)。映画の撮影用に借りた家に住む
ことになった映画監督の息子の夏(「フィルムの外」大島真寿美)。
浪人2年目の夏、青春18きっぷを片手に出かけたあてのない逃避行
――(「ささくれ紀行」藤谷治)。夏をテーマに大島真寿美、瀧羽麻子、
藤谷治、森見登美彦、椰月美智子が競作。まぶしい日差しの中、
きらきら光る刹那を切り取った物語。


森見登美彦で借りてみた。

◇郵便少年 森見登美彦(もりみ とみひこ)
『ペンギン・ハイウェイ』的な読後感。
って、もしかして「アオヤマ君」って、『ペンギン・ハイウェイ』のコ?

◇フィルムの外 大島真寿美(おおしま ますみ)
ニュー・シネマ・パラダイス、的な?
甘やかさ。
否応(いやおう)なしを、
否も諾もなく(いなもおもなく)
ともいうんだ…

◇三泊四日のサマーツアー 椰月美智子(やづき みちこ)
沖縄の島を舞台に夏がはじけてます^^

◇真夏の動物園 瀧羽麻子(たきわ あさこ)
他のも読んでみようかな。

◇ささくれ紀行 藤谷治(ふじたに おさむ)
これはどーも… やや消化不良
大人になった僕が思わせぶりな語り口で。
これってエッセイ?


[ひとなつの。]  [真夏に読みたい五つの物語]  [大島真寿美]  [瀧羽麻子]  [藤谷治]  [森見登美彦]  [椰月美智子

Mon2015.09.14


あの街で二人は ‐SEVEN LOVE STORIES‐

あの街で二人は ‐SEVEN LOVE STORIES‐
村山由佳 加藤千恵 山本文緒 マキヒロチ 畑野智美 井上荒野 角田光代
新潮文庫

2015.9.10

村山由佳
 アンビバレンス  六本木ヒルズ展望台/東京シティビュー
加藤千恵
 パノラマパーク パノラマガール  伊豆の国パノラマパーク/空中公園
山本文緒
 バヨリン心中  浜名湖かんざんじ温泉
マキヒロチ
 10年目の告白  ラ チッタデッラ
畑野智美
 黒部ダムの中心で愛を叫ぶ  黒部ダムの麓 信濃大町
井上荒野
 最後の島  牛窓/オリーブ園 幸福の鐘
角田光代
 その、すこやかならざるときも  かのやばら園
舞台になった「恋人の聖地」マップ


裏表紙より。

私はきっと、探していたんだと思う。迷える恋の行きつく場所を。
心が解き放たれる瞬間を――。隠してきた気持ちを打ち明ける決意、
恋人未満の男友だちとの転機。そして、平凡な日常を鮮やかに一変
させた大恋愛。すべて、あの風景に出会ったことがきっかけだった。
全国の「恋人の聖地」を舞台に、七人の作家たちが彷徨う想いを
丁寧に紡ぎだす。宝石のようにきらめく最高のアンソロジー。


ちゃんとした短編集だった
どれもそれなりに楽しめた。
井上荒野のラストは、「ここでおしまい?」と、ちょっとびっくり。

加藤千恵、初かと思ったら、『あのころの、』で読んでいた。
「耳の中の水」?
どんなお話だっけ…
今回の方が印象に残りそう。
岡崎京子、出てくるし。

村山由佳、畑野智美は初。
あ、マキヒロチも。

村山由佳が初って…
そろそろちゃんと読んでみますか。


[あの街で二人は]  [村山由佳]  [加藤千恵]  [山本文緒]  [マキヒロチ]  [畑野智美]  [井上荒野]  [角田光代

Sun2015.09.06


Story Seller annex 新潮社ストーリーセラー編集部編

Story Seller annex 新潮社ストーリーセラー編集部編
有川浩 恩田陸 近藤史恵 道尾秀介 湊かなえ 米澤穂信
新潮文庫

2015.8.31

暗がりの子供
 道尾秀介
トゥラーダ
 近藤史恵
R-18―二次元規制についてとある出版関係者たちの雑談
 有川浩
万灯
 米澤穂信
ジョン・ファウルズを探して
 恩田陸
約束
 湊かなえ


裏表紙より。

大好評アンソロジー「Story Seller」の姉妹編をお届けします。今回も、
6名の超人気作家が豪華競演。オール読みきりで、読み応え抜群の
作品を詰め込みました。あっと驚かされるミステリ、くすりと笑える話から、
思わず涙がこぼれる恋愛小説まで。物語の力にどっぷり惹き込まれる
幸せな読書体験をどうぞ。お気に入りが見つかったら次の本を探せる、
作家別著作リストも完備しました。



◇暗がりの子供
  道尾秀介なのに、こわくない。
  なんとなく物足りない。

◇トゥラーダ
  白石誓(ちかう)がポルトガルに移住したときの話。
  シリーズ読み返したくなりました。

◇R-18―二次元規制についてとある出版関係者たちの雑談
  『図書館戦争』と地続きな感じのお話。
  結構面白かった。

◇万灯
  うーん…
  よくできた短編だと思うけれど
  ちょっと時代が古いので…

◇ジョン・ファウルズを探して
  最初に有川浩を読んで、次にこれを読んだので…
  これって、小説?
  『ストーリーセラー』ってこんなだっけ…
  『フランス軍中尉の女』、どんな話だったか…

◇約束
  んー…
  トンガが出てくる意味があるんだろうか…
  有川浩、恩田陸、湊かなえ…
  残るは3作… 

カバーには
読み応えは長編並、
読みやすさは短編並

とあるけれど、ちょっと肩透かし^^;


[Story]  [Seller]  [annex]  [有川浩]  [恩田陸]  [近藤史恵]  [道尾秀介]  [湊かなえ]  [米澤穂信