Home森見登美彦>聖なる怠け者の冒険 森見登美彦

Sat2013.07.27


聖なる怠け者の冒険 森見登美彦

聖なる怠け者の冒険 森見登美彦
朝日新聞出版

2013.7.24

プロローグ 土曜日の男
第一章 ぽんぽこ仮面と週末探偵
第二章 休暇の王国
第三章 宵山重来
第四章 聖なる怠け者たち
エピローグ 日曜日の男
あとがき


森見登美彦好きだ。
京都の話はとくに
高校生の頃、森見登美彦の小説があったら
がんばって勉強して京大を目指… す…
という道もあったかも

新聞連載中、全国の朝日新聞購読者のみなさんは、
森見登美彦をどう思っていたのかしら…
と心配になるくらい、特にたいしたことは起きない。
土曜日の冒険活劇(?)と、ちょっぴり翌日曜日のその後のお話。
たった1日のお話なのに、怠け者の主人公、半日くらい
座布団の山に埋もれて眠ってます
なんちゅー…

裏寺町通を北に折れると、

六角通を西へ行って、烏丸通の向こう。北側ですよ

でた 東西南北
去年、神戸の友人を訪ねた帰り、京都に寄り道して、
従兄にランチをご馳走になったときのこと。
待ち合わせは、阪急烏丸駅。
烏丸駅のどこにでればいいですか?

「烏丸の交差点北東角地上あたりで」

北東角?
ビルの名前とか出口番号じゃなく、方位?
えーと京都って、下に行くほど数字が大きくなるんだっけ。
四条、五条…
北は烏丸御池の方?
で東が右手で北東は…
なんとか地上に出たところで

「では北東角から烏丸通北上願います」

北上って…
結局私が見当つけた道は間違っていましたが(なぜ
なんとか無事巡り会えました。
ちなみに従兄殿は単身赴任中、東京の人です。

通りの名を覚える歌なんてものもあるんですね。

あねさんろっかくたこにしき
姉三六角蛸錦
姉小路通、三条通、六角通、蛸薬師通、錦通。だから、三条通の一本南が六角通。

あぁ… 京都に行きたい


関連記事
[森見登美彦]  [聖なる怠け者の冒険]  [もりみとみひこ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/97-9c597d06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)