Home東野圭吾>手紙 東野圭吾

Sun2013.08.04


手紙 東野圭吾

手紙 東野圭吾
文春文庫

2013.8.3

序章
第一章
第二章
第三章
第四章
第五章
終章
解説 井上夢人


井上夢人が解説書いてる
ならば読まなくちゃ、とチャリティの古本セールで
購入した「手紙」。
たぶん、初

弟を大学にやるために、資産家の老婦人の家に
盗みに入った兄は、はずみで老婦人を殺してしまい、
強盗殺人犯に。
高校生だった弟は、以後ずっと、殺人犯の弟として
様々な差別を受ける。

東野圭吾、そんなに好きではないけれど、
やっぱりウマイなぁと思う。

井上夢人の解説、たった7ページだけれど、
本1冊分くらい深いかも


関連記事
[東野圭吾]  [手紙]  [ひがしのけいご]  [井上夢人

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/96-6576b0fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)