FC2ブログ
Home今野敏>陽炎 東京湾臨海署安積班 今野敏

Fri2019.06.14


陽炎 東京湾臨海署安積班 今野敏

陽炎 東京湾臨海署安積班 今野敏
ハルキ文庫

2019.6.12

偽装
待機寮
アプローチ
予知夢
科学捜査
張り込み
トウキョウ・コネクション
陽炎


裏表紙より。

東京湾のレインボーブリッジで乗用車から男女連名の遺書らしきものが発見
された。車は乗り捨てられており、男女の心中事件と推測された。東京湾臨海
署の安積警部補は、現場からもどった部下の須田刑事から、意外な言葉を
聞かされる。彼は『偽装心中』だというのだが――。須田の仮説を信じる安積
たちは、事件の驚くべき真相に向かって動きはじめる。(「偽装」より)
大好評ベイエリア分署シリーズ、待望の文庫化。



『神南署安積班』と『陽炎』の間には、『残照』があったのか。
神南署から東京湾臨海署に移った後の話。

安積がいまだに村雨のことをグチグチ考えていることに
ちょっとびっくり!

短編なのでサクサク読めて楽しいけれど、登場人物たちの
お決まりの人物描写がくり返し出てくるのが難点か。

「科学捜査」のSTの青山、ST警視庁科学特捜班シリーズがあるのか。
ST警視庁科学特捜班、なんとなく読んだことある気もするけれど。
こんな美貌の男子、読んでたら覚えてるか… な…


関連記事
[今野敏]  [陽炎]  [東京湾臨海署安積班]  [こんのびん

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/913-b183838e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)