FC2ブログ
Home>相続人 保科昌彦

Wed2019.01.23


相続人 保科昌彦

相続人 保科昌彦
角川ホラー文庫

2019.1.21

相続人
第10回日本ホラー小説大賞 選評


裏表紙より。

スポーツ紙の記者、牧野文哉は母校・東学大のアメフト部の試合取材中に美しい
女性記者、北川沙織と出会い心惹かれる。しかし、その夜、東学大のアメフト部員が
謎の事故死を遂げたのをきっかけに、主要なメンバーが次々と変死していく。なぜか
その死の背後には、常に沙織の影がちらついているのだった。事件に興味を抱き、
独自に調査を開始した牧野だったが……。人間の「罪と罰」を問う、ホラーミステリー
の大作! 第10回日本ホラー小説大賞長編賞受賞作。



日本ホラー小説大賞!
まだあるのかな。
まだあった!
2018年、第25回で最後?
ふーむ。

そんなに怖くはないけれど、
とても読みやすい。
これ、デビュー作?
すごいな。

ただ…
最後が唐突に終わった感じ。
余韻はちょっとだけ、貞子。

29年前の怨念で、子どもに祟る…
まではなんとか「そうか」と思えるけれど。
子どもがいないから、子ども同然の部員を、
しかも4名も、っていうのがどうにも納得できず。
だから、あんまり怖くなかったのかな。
高木の死に際も、本人、さほど苦しくなかったみたいで、
これで復讐

オチがホラーのミステリーという感じかな。

他に何書いてる人だろー…


関連記事
[保科昌彦]  [相続人]  [ほしなまさひこ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/851-767812fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)