FC2ブログ
Home辻村深月>サクラ咲く 辻村深月

Fri2018.11.23


サクラ咲く 辻村深月

サクラ咲く 辻村深月
光文社文庫

2018.11.22

約束の場所、約束の時間
サクラ咲く
世界で一番美しい宝石
解説  あさのあつこ


裏表紙より。

原マチは本好きで気弱な中学1年生。ある日、図書館で本をめくっていると
1枚の便せんが落ちた。そこには『サクラチル』という文字が。一体誰がこれを?
やがて始まった顔の見えない相手との便せん越しの交流は、二人の距離を
近付けていく。(「サクラ咲く」)輝きに満ちた喜びや、声にならない叫びが織り
なす青春のシーンをみずみずしく描き出す。表題作含む三編の傑作集。



「三編の傑作集」とあるけれど、登場人物が重なって最後に輪が閉じるので
連作短編か。

ティーン向けなのでちょっと物足りないし、
結局良いコばっかり(新聞部長を除く)だけれど、
なかなか良かった。

良かっただけに。
タイムトラベルがちゃちいのが惜しい。

ロバート・A・ハインライン出しちゃうくらいなんだから、
もうちょっと…


関連記事
[辻村深月]  [サクラ咲く]  [つじむらみつき

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/832-98d24679
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)