Home朝倉かすみ>静かにしなさい、でないと 朝倉かすみ

Wed2013.01.30


静かにしなさい、でないと 朝倉かすみ

静かにしなさい、でないと 朝倉かすみ
集英社

2013.1.28

内海さんの経験
どう考えても火夫
静かにしなさい
いつぞや、中華飯店で
素晴らしいわたしたち
やっこさんがいっぱい
ちがいますか


朝倉かすみ、「田村はまだか」が好きで。
文庫本には、短編「おまえ、井上鏡子だろう」が
収録されている、というのが気になり、
改めて文庫も借りて読んで、やっぱり好きで。

でもこの「静かにしなさい、でないと」は
生理的にコワイ。
読んでいて後味が悪くて、ちょっと辛い。
普通よりちょっと下で、
でも、普通にちょっと上を見ているだけなのに、
踏み外して落ちていく女たち…

ちょっと山岸涼子の「天人唐草」や
タイトルが浮かばないけれどコワイ短編が
重なる…

「いつぞや、中華飯店で」、「素晴らしいわたしたち」、
「やっこさんがいっぱい」は、心平らかに読める。

最後の「ちがいますか」なんて、
私は大丈夫?
ほんとに大丈夫?
って心配になってくるこわさ。

朝倉かすみ、まだそんなにたくさん読んでいないけれど、
「田村はまだか」だけじゃないんですね。
次に借りるもの、ちょっと躊躇します


関連記事
[朝倉かすみ]  [静かにしなさい、でないと]  [あさくらかすみ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/8-05114dfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)