FC2ブログ
Homeエッセイなど>考えるマナー 中央公論新社編

Sun2018.07.08


考えるマナー 中央公論新社編

考えるマナー 中央公論新社編
赤瀬川原平 井上荒野 劇団ひとり 佐藤優 髙橋秀実 津村記久子 平松洋子 穂村弘 町田康 三浦しをん 楊逸 鷲田清一
中公文庫

2018.7.7

座を温めるマナー
美を匂わすマナー
お口を滑らせないマナー
愛が生まれるマナー
逃げて勝つマナー
ベタを粋にするマナー
ステキなお客さまのマナー
丸くおさめるマナー
食は一大事マナー
日本が宿るマナー
乗り乗りマナー
のどかに生きるマナー
「旬」をつかむマナー
生み出す人のマナー
こころを澱ませないマナー
世渡りのマナー
悟るマナー
マナーの難問
著者別掲載頁


裏表紙より。

五本指ソックスのはき方からオヤジギャグを放つ方法まで、大人を悩ます
マナーの難題に作家や芸人12人がくりだす名(迷)回答集。座を温めたい、
のどかに生きたい、美を匂わせたい……この1冊が、日々の小さなピンチを
救う。笑いながら粋な暮らしのヒントが見つかる、新しいマナー考。



読売新聞夕刊にあったコーナー。
寄藤文平のイラストも合っていた。

「スポーツクラブのマナー」 平松洋子
かの有名な「健全な精神は健全な肉体に宿る」、あのフレーズは超訳もいいところで、
古代ローマの風刺詩人ユウェナリスは、断言などしていない。ほんとうは「……だといいな」
と書いているにすぎないのだ。


「ラジオ体操のマナー」 高橋秀実
つまりラジオ体操は重力を動力源として、すべてがつながっている「自然の流れ」なのだ。
そこで意識すべきは、
「間(ま)」
である。例えば手足の運動で、腕が上がる。上がる局面から落ちる局面に切り替わる時、
一瞬、無重力のような状態になる。モノを上に投げると、上昇の果てに一瞬静止するのと
同じことで、その無重力感を全身にひろげるようにして堪能するのだ。



関連記事
[考えるマナー]  [中央公論新社編]  [赤瀬川原平]  [井上荒野]  [劇団ひとり]  [佐藤優]  [髙橋秀実]  [津村記久子]  [平松洋子]  [穂村弘

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/786-61329958
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)