FC2ブログ
Home誉田哲也>インビジブルレイン 誉田哲也

Thu2018.06.21


インビジブルレイン 誉田哲也

インビジブルレイン 誉田哲也
光文社文庫

2018.6.20

序章
第1章
第2章
第3章
第4章
第5章
終章
<スペシャル対談> 竹内結子 × 誉田哲也
   (聴き手・構成/友清哲)


裏表紙より。

姫川班が捜査に加わったチンピラ惨殺事件。暴力団同士の抗争も
視野に入れて捜査が進む中、「犯人(ホシ)は柳井健斗」という
タレ込みが入る。ところが、上層部から奇妙な指示が下った。
捜査線上に柳井の名が浮かんでも、決して追及してはならない、
というのだ。隠蔽されようとする真実――。警察組織の壁に玲子は
どう立ち向かうのか? シリーズ中もっとも切なく熱い結末(ラスト)!



もっとも切なく熱い結末

うーん…

いけすかないキャリアvs.現場の刑事
というお話としては、熱いラストなのかもしれないけれど。
肝心の事件の真相が…

川上、いいヤツなのかと思ったら、
いきなりそんなオチ…
女装の美人さんとか、解決雑すぎ…

そもそも、姫川がブレブレで。
やっぱり好きになれない。

ページをめくる手が止まらない本ではあったけれど。
うっかり止まって考えちゃうと、ほんと色々雑すぎ

アメリア・サックスを見習え


関連記事
[誉田哲也]  [インビジブルレイン]  [ほんだてつや

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/780-365bfa77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)