Home森絵都>みかづき 森絵都

Sat2018.04.28


みかづき 森絵都

みかづき 森絵都
集英社

2018.4.25

第1章 瞳の法則
第2章 月光と暗雲
第3章 青い嵐
第4章 星々が沈む時間
第5章 津田沼戦争
第6章 最後の夢
第7章 赤坂の血を継ぐ女たち
第8章 新月


八千代台が舞台になっているらしい、
と聞いて気になってはいたものの。
図書館にリクエストしたときには200人以上待ち。
さすが地元。

同じ頃リクエストした『横浜駅SF』が
私以外借りたヒトいる?
って感じだったのに。

そして1年くらいたって、やっと順番がきた。

分厚っ
467ページ。

最初は面白かったのだけれど、
だんだん読むのがツラくなってくる。
まだ1/3もいってないかも。
長い…
しかも。
八千代台が舞台、
ってワケでもない。
けれど、サンペデックとか出てきて、
もうちょっと頑張ろう
と思う。
でも、なかなか読み終わらない。
ゼツボー的な気分になってきた頃、
また面白くなってきて、
途中でやめなくてよかった
と思う。

森絵都を読むのがこんなにツラいなんて
思いもしなかった。


関連記事
[森絵都]  [みかづき]  [もりえと

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/755-a0752794
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)