Home村上春樹>パン屋を襲う 村上春樹

Sat2013.06.15


パン屋を襲う 村上春樹

パン屋を襲う 村上春樹
新潮社

2013.6.13

パン屋を襲う
再びパン屋を襲う
あとがき


「パン屋襲撃」って古い話だよなー…
と思ったら、初出は「早稲田文学」の1981年10月号。
「パン屋再襲撃」の初出は、「マリ・クレール」1985年8月号。
だそうです。


この2作に、カット・メンシックがイラストをつけて
絵本にしたのが「パン屋を襲う」。

「パン屋襲撃」「パン屋再襲撃」のタイトルを
オリジナルと区別するために、
あっさり変えちゃうんだ…


◇パン屋を襲う
丸2日何も食べていない空腹に耐えかねて、
パン屋を襲撃に行った僕と相棒は、
店主の好きなワーグナーをしっかり聴くことと交換に、
お腹いっぱいパンを食べる。


◇再びパン屋を襲う
夜中に耐えがたい空腹感に襲われた僕と妻。
僕はうっかり妻にパン屋襲撃の話をしてしまい、
妻と2人、再びパン屋を襲撃に行くハメに。
夜中に開いているパン屋は見つからず、
マクドナルドを襲撃…


って、あらすじを書いても意味ないですね。

「パン屋を襲う」も「再びパン屋を襲う」も、
日本が舞台なことにちょっとびっくり。
どこともしれない国の話だと思ってました。
(まぁ私の記憶力ほど頼りないものはないのですが
妻、散弾銃持ってるし…

この「再びパン屋を襲う」のハードボイルドな感じ、好き
村上春樹らしい1冊
うすっぺらいし、ちょいちょい読み返すのにいいかも。
でも、手元に置いておくには、ドナルドの顔がコワい…


関連記事
[村上春樹]  [パン屋を襲う]  [むらかみはるき]  [カット・メンシック

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/75-5e14d1f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)