FC2ブログ
Home>破壊された男 アルフレッド・ベスター 伊藤典夫訳

Sun2018.03.04


破壊された男 アルフレッド・ベスター 伊藤典夫訳

破壊された男 アルフレッド・ベスター 伊藤典夫訳
ハヤカワ文庫SF

THE DEMOLISHED MAN
Alfred Bester

2018.3.1

1
2

17
Bester,Bester!  SF評論家 高橋良平

裏表紙より。

時は24世紀、テレパシー能力をもつエスパーの活躍により、いかなる計画
犯罪も不可能となり、殺人はすべて未然に防止されていた。だが、顔のない
男の悪夢に悩まされるモナーク産業社長ベン・ライクは、エスパーを買収し
その協力を得ることで、ライバル企業の社長殺害を決意する……
ニューヨーク市警心理捜査局総監パウエルと、完全犯罪をもくろむ殺人者
ライクとの息詰まる死闘を描き、第一回ヒューゴー賞に輝いた名作登場!



萩尾望都のエッセイに出てきたアルフレッド・ベスター。

想像していたのと違う…

頭の中は… 萩尾望都より竹宮恵子の絵。
『私を月まで連れてって!』のコメディ路線の方

1953年…
そんなに昔のヒトなのか。

『虎よ、虎よ!』も読んでみよう。


関連記事
[アルフレッド・ベスター]  [破壊された男]  [伊藤典夫

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/732-4b46b803
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)