Home伊坂幸太郎>あるキング 伊坂幸太郎

Sun2013.06.30


あるキング 伊坂幸太郎

あるキング 伊坂幸太郎
徳間文庫

2013.6.29


〇歳
三歳
十歳
十二歳
十三歳
十四歳
十五歳
十七歳
十八歳
二十一歳
二十二歳
二十三歳
〇歳
文庫版あとがき
解説 柴田元幸


伊坂幸太郎の本でも、苦手な作品はいくつかあります。
でも、とても苦手だった「グラスホッパー」が、
(間を空けて2度ほど読んだけれどダメだった…)
「マリアビートル」の後に再読したら好きになったように、
読み直したら、あるいは、単行本と文庫本は違うから、
いけるかなーと思っていた1つが「あるキング」。

天才野球少年王求(おうく)。
球。
王になる男。

冒頭、「マクベス」の3人の魔女の台詞と訳。
Fair is foul, and foul is fair.
松岡和子、小田島雄志、福田恆存、木下順二、安西徹雄、河合祥一郎。
木下順二(「夕鶴」)って翻訳もするんだ。

…やっぱり印象は変わらない。
誰にも感情移入できないまま物語は進んで行く…

でも、最後の最後に、ちょっと王求が好きになる。
最期がくるのが切ない。
次に生まれてくるコが、幸せな野球人生を歩めますように

語り手が南雲慎平太、にびっくり。


関連記事
[伊坂幸太郎]  [あるキング]  [いさかこうたろう

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/73-a836cd1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)