FC2ブログ
Homeエッセイなど>一瞬と永遠と 萩尾望都

Fri2018.02.16


一瞬と永遠と 萩尾望都

一瞬と永遠と 萩尾望都
朝日文庫

2018.2.15


青緑色の池
先生の住所録
青の時代――「アイロンをかける女」
青のイメージ
「声」の通り道――天童大人「聲ノ奉納」
宙空漂う「なぜ」の問いかけ
一瞬と永遠と
地球の半分の雪
安里屋ユンタ
私は生き物。同じ生き物。
ガラパゴス・ハイ
女心
わが師の恩

食卓にはブラッドベリの幸福を
単純な解答
幻想に帰すディック
クック・ロビンは一体何をしでかしたんだ
胎児の夢に――三木成夫『胎児の世界』
二重螺旋を超えた超新人達――矢口敦子『人形になる』
数学者と狂気――森博嗣『まどろみ消去』
こうやって哲学にはまりこむ。――河合隼雄『青春の夢と遊び』
哲学の快感――永井均『マンガは哲学する』
夢の世の中、「仲蔵狂乱」のこと――松井今朝子『仲蔵狂乱』
我れは宇宙――小松左京『宇宙にとって人間とは何か』
半分人間――半分妖精
寺山修司の少女感覚

男性作家による少女まんがのフェミニンな視点
「超人ロック」の甘い歌声
サイボーグ009に夢中
ユミコ風
天の視座と人の心と
虫は手塚治虫の虫
『新選組』にある喪失と再生
アドルフの葬列
歓喜の声を求めて
ブッダ――生物と生命のタピストリー

日米スーパーヒーロー
オデッサの乳母車
「ディア・ハンター」
批評の型あれこれ
ニューヨーク印象
遊民社の舞台・その他の舞台
ノルウェイの森
「マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ」
ニジンスキーの太股。
深川秀夫という光または
黒鳥のいない白鳥の湖
神の美酒――ジョルグ・ドン
あとがき
文庫版によせて
初出一覧
解説  穂村弘


初出を見ると、1980年代から2010年くらいまで。
新しいんだか古いんだか。
でも、決して古びてはいない。
萩尾望都という一人の人をとても近しく感じられるエッセイ。

手元に置いておきたい1冊

にしても…
ここに出てくる手塚治虫のマンガを読むのは難しそうだ…
坂田靖子の古いマンガもなぁ…


関連記事
[萩尾望都]  [一瞬と永遠と]  [はぎおもと

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/727-a2f1e757
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)