Home伊坂幸太郎>AX アックス 伊坂幸太郎

Sat2017.12.30


AX アックス 伊坂幸太郎

AX アックス 伊坂幸太郎
角川書店

2017.12.26

AX
BEE
Crayon
EXIT
FINE


『AX』にそなえて殺し屋シリーズ読み返したつもりが。
読み返してからずいぶんたったなぁ…
という頃に、『AX』。

「BEE」を読んで…
あれ?
これ知ってる。
『AX』って、新作短編集じゃなかったの?

初出を見ると…

AX  「小説 野生時代」 2012年1月号
BEE  『ほっこりミステリー』 宝島社文庫 2014年3月刊
Crayon  「小説 野生時代」 2014年2月号
EXIT  書き下ろし
FINE  書き下ろし

「AX」と「Crayon」は、アンソロジーとかにも入ってなかったのか。
「BEE」は、2013年5月に『しあわせなミステリー(宝島社)』で読んでるよ。
その後文庫化されたのね。

ま。 でも。
兜の物語として1冊の本にまとまったんだ。
楽しいからいっか。

と、油断してたら、「EXIT」でいきなり

そしてその結果、兜は八階建てのオフィスビルの屋上から落下し、死亡する。

忘れてた。
伊坂幸太郎の作品では、あっさりと人が死んじゃうこと。
たとえそれが主人公でもね。
びっくりしたー

兜が死んじゃったら、「FINE」はなに?
と思ったら。
ちゃんと回収されました。

やっぱり殺し屋は非道な仕事なんだよなぁ…
恐妻家の殺し屋とか、トーマス好きの殺し屋とか、
読んでると、ついほっこりしちゃうけど。
殺し屋は殺し屋なんだな…


関連記事
[伊坂幸太郎]  [AX]  [アックス]  [いさかこうたろう

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/709-e46cebfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)