FC2ブログ
Home井上荒野>結婚 井上荒野

Wed2017.11.22


結婚 井上荒野

結婚 井上荒野
角川文庫

2017.11.21

1 柊 亜佐子 学習塾事務員 東京
2 円地マユリ シャンソン歌手 佐世保
3 七戸鈴子 リース会社社員 東京
4 穂原鳩子 家事代行会社社員 仙台
5 真宮千種 ウェイトレス 河口湖
6 山田未咲 翻訳者 東京
7 千石るり 詐欺師 東京
8 岩永真木 チェリスト 山形
9 穂原鳩子2 無職 東京
10 古海初音 妻 東京
解説  西加奈子


裏表紙より。

東京の事務員・亜佐子、佐世保の歌手・マユリ、仙台のOL・鳩子。
彼女たちには忘れたくても忘れられない男がいる。結婚を匂わせ
金銭を預けた途端に消えた宝石鑑定士・古海。ある女は待ち続け
別の女は絶望した。だが鳩子は探し続け、ついに古海の相棒・
千石るり子にたどり着くのだが……。「結婚」という魔物に騙された
女たちと騙した男女、そして詐欺師・古海の妻。彼らが持つ闇と
欲望の行き着く先とは!? 解説・西加奈子



登場人物がちょっと変わった名前で、その名前をタイトルに使うなら、
すぐにルビ付きのフルネームを出すか、
すぐに出さないなら、タイトルにルビを振ってくれないと。
出てくるまでモヤモヤする。

えんち、しちのへ、ほばら…
もしかして違う読み方かもしれないし。
古海は「うるみ」って読むんだ…
裏表紙のあらすじにただ「古海」って、ルビないから、
ふるみさんかと思った。

こだわりの名前なら、こだわった通りに読めるよう配慮をお願いします。

名前でもやもやしたせいでもなかろうが、
古海がそんなにすごい詐欺師なのか、
いまひとつ伝わらないというか。
ずいぶん簡単に次々女をだましている風なのに、
千石るりが侘しい暮らしだったりとか。
最後の古海の奥さんの独白とか。
唐突なラストとか。
色々なことがもやもやしていて。
そこが面白いんだけれど。
うーん

また読んでみよう。



関連記事
[井上荒野]  [結婚]  [いのうえあれの

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/697-10da5f92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)