Home宮部みゆき>桜ほうさら 宮部みゆき

Thu2013.05.30


桜ほうさら 宮部みゆき

桜ほうさら 宮部みゆき
PHP研究所

2013.5.28

第一話 富勘長屋
第二話 三八野愛郷録(みやのあいごうろく)
第三話 拐かし
第四話 桜ほうさら


古橋笙之介、22歳。
千葉の搗根(とうがね)藩の小納戸役だった父が
御用達の商家から賄賂を取っていたとして、役を解かれ、
蟄居閉門。切腹。
父の汚名を晴らすため、江戸留守居役の指示で
江戸に出て長屋暮らしを始めた笙之介。
2話、3話で、笙之介の周囲で起こった事件を解決しつつ、
4話で意外な真相が明らかに…


「宮部みゆき、好きじゃない」という人がいてびっくり
私は宮部みゆきに甘いので。

「桜ほうさら」、途中、「ん?」とひっかからなくもないけれど。
三木謙次の絵が、かわいらしすぎる気もするけれど。
いいの


関連記事
[宮部みゆき]  [桜ほうさら]  [みやべみゆき

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/67-d079f15f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)