FC2ブログ
Home伊坂幸太郎>マリアビートル 伊坂幸太郎

Tue2017.08.29


マリアビートル 伊坂幸太郎

マリアビートル 伊坂幸太郎
角川文庫

2017.8.24

マリアビートル
ついていないから笑う
解説 佐々木敦


裏表紙より。

幼い息子の仇討ちを企てる、酒びたりの元殺し屋「木村」。
優等生面の裏に悪魔のような心を隠し持つ中学生「王子」。
闇社会の大物から密命を受けた、腕利き二人組「蜜柑」と
「檸檬」。とにかく運が悪く、気弱な殺し屋「天道虫」。
疾走する東北新幹線の車内で、狙う者と狙われる者が交錯する
――。小説は、ついにここまでやってきた。映画やマンガ、
あらゆるジャンルのエンターテイメントを追い抜く、娯楽
小説の到達点!



『AX アックス』が来る前に、『グラスホッパー』と『マリアビートル』を
読み返しておくかなと。

やっぱり、蜜柑と檸檬があっさり殺されちゃうのが切ない。

しかし…
トーマスの世界に馴染みがなかったら、
ほのぼの感ないだろーなぁ…

『グラスホッパー』とは逆に、
読み返すほどに、酷薄さばかりが目につくようになってきた…


関連記事
[伊坂幸太郎]  [マリアビートル]  [いさかこうたろう

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/656-890e76ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)