Homeアンソロジー>文豪さんへ。 近代文学トリビュートアンソロジー ダ・ヴィンチ編集部編

Fri2017.08.11


文豪さんへ。 近代文学トリビュートアンソロジー ダ・ヴィンチ編集部編

文豪さんへ。 近代文学トリビュートアンソロジー ダ・ヴィンチ編集部編
MF文庫ダ・ヴィンチ

2017.8.10

縁側   北村薫
――インタビュー 北村薫 夏目漱石『門』を語る
門   夏目漱石

虎   田口ランディ
――インタビュー 田口ランディ 中島敦『山月記』を語る
山月記   中島敦

あるソムリエの話   貫井徳郎
――インタビュー 貫井徳郎 葉山嘉樹『セメント樽の中の手紙』を語る
セメント樽の中の手紙   葉山嘉樹

陰陽師 花の下に立つ女(ひと)   夢枕獏
――インタビュー 夢枕 獏 坂口安吾『桜の森の満開の下』を語る
桜の森の満開の下   坂口安吾

手袋の花   宮部みゆき
――インタビュー 宮部みゆき 新美南吉『手袋を買いに』を語る
手袋を買いに   新美南吉

洋館   吉田修一
――インタビュー 吉田修一 芥川龍之介『トロッコ』を語る
トロッコ   芥川龍之介


裏表紙より。

近代文学から生まれた短編6作
時代を超えて読まれ続けている近代文学の魅力とは何か? 当代の人気
作家6名が、それぞれ好きな近代文学作品をモチーフに短編を書き下ろし、
自らが選んだ作品のおもしろさについて語る。モチーフになった文豪の
作品も収録。合わせて比べて楽しめる、近代文学がより身近に感じられる
トリビュートアンソロジー。名作には別の顔があることを、作家が教えて
くれる。



なんとはなしに手に取った本だけれど、借りてよかった

「門」と「山月記」と「桜の森の満開の下」と「手袋を買いに」と
「トロッコ」がいっぺんに読めちゃうなんて

おまけに、葉山嘉樹を知らなかったけれど、
「セメント樽の中の手紙」、奇妙な味わいのお話。
ちょっと高橋葉介の「腸詰工場の少女」を思い出す。

読んだハズの文豪さん達のお話もウロ覚えなので、
まず文豪の作品を読んで、
インスパイアされた作品を読んで、
そのあとがきがあって、
インタビューを読む、
という順番にしたんだけれど。
あとがきがあれば、インタビューいらなかったのでは?
いや、ここがダ・ヴィンチか

『門』…
『三四郎』『それから』『門』…
どんなんだっけ?


関連記事

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/652-4e11b5c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)