Home池井戸潤>アキラとあきら 池井戸潤

Thu2017.07.27


アキラとあきら 池井戸潤

アキラとあきら 池井戸潤
徳間文庫

2017.7.26

第1章 工場と海
第2章 マドンナ
第3章 父と叔父たち
第4章 進路
第5章 就職戦線
第6章 バンカーの誕生
第7章 BUBBLE
第8章 ロザリオ
第9章 父の遺言
第10章 叔父たちの策略
第11章 後悔と疑惑
第12章 挑戦、そして挫折
第13章 内憂外患
第14章 お荷物ホテル
最終章 最終稟議
解説  村上貴史


裏表紙より。

零細工場の息子・山崎瑛(やまざきあきら)と大手海運会社東海郵船の
御曹司・階堂彬(かいどうあきら)。生まれも育ちも違うふたりは、互いに
宿命を背負い、自らの運命に抗って生きてきた。やがてふたりが出会い、
それぞれの人生が交差したとき、かつてない過酷な試練が降りかかる。
逆境に立ち向かうふたりのアキラの、人生を賭した戦いが始まった――。
感動の青春巨篇。文庫オリジナル。



結構分厚いなぁ…

頭の中では、
SI 俺達はいつでも 2人で1つだった
が鳴りっぱなし
(それは、修二と彰

別にアキラとあきらが対決するお話でも
がっつりコンビを組む話でもないのね…
なんで「アキラとあきら」なんだろー?
そして、どっちが「アキラ」で、どっちが「あきら」?
なんで「アキラとあきら」?

そんな疑問がわだかまりつつ、
面白かった
なんとなく、あっさりしすぎてる気がするし、
ラストも、そんなにうまいこといくか?
と思うけれど。
面白かった!

彬くんは弟と仲直りして。
瑛くんはマドンナ(北村亜衣)と結婚したのね。
めでたしめでたし。

いや、でも、やっぱり最後はやっつけ感があるなー。
ここまで厚くしたんだから、もう少し分厚くても付き合うのに

向井理と斉藤工?
ないわぁ…

あ。
第2章のはじめで
瑛は地元の公立高校に通う、17歳になっていた
とあって、
17歳… 高校3年生?
あとで野球部の先輩って出てくるから2年生か、
と、思ったのに。
第4章で
いま瑛は地元の公立高校の2年生になり、
とある。

15歳で高校入学。
15歳、16歳
16歳、17歳
17歳、18歳
18歳で高校卒業。

校閲さん!
しっかり!

(ツッコミどころはそこではないか


関連記事
[池井戸潤]  [アキラとあきら]  [いけいどじゅん

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/647-9ea57e13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)