Home木下昌輝>天下一の軽口男 木下昌輝

Thu2017.08.03


天下一の軽口男 木下昌輝

天下一の軽口男 木下昌輝
幻冬舎

2017.8.2

序章 天下一のお伽衆
第1章 難波村に彦八あり
第2章 彦八、江戸へ
第3章 彦八、大阪へ
第4章 彦八、名古屋へ


天下一のお伽衆、安楽庵策伝とその弟子の話
… かと思いきや。
難波の彦八が主人公。

米沢彦八、「上方落語の祖」って、こちらも実在の人物。

面白かったー

米沢彦八の名前をお前にやるのは、やんぴや

儂、とんでもない男の弟子になってもうた。こんなことやったら、
豆腐に頭突っ込んだ時、死んどったらよかった


ここまで笑わせておいて、
まさか最後に泣かされるとは。
涙腺ゆるすぎ

石川流宣(とものぶ)も、実在の絵師なんだ。

木下昌輝、面白い


関連記事
[木下昌輝]  [天下一の軽口男]  [きのしたまさき

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/645-0fa4b090
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)