Home>火花 又吉直樹

Sun2017.06.18


火花 又吉直樹

火花 又吉直樹
文藝春秋

2016.6.15


今さらやっと『火花』。

意外と薄い。

2015年、第153回芥川龍之介賞受賞作。

文学作品なんだー…

書いたのが又吉じゃなかったら、
こんなに売れなかっただろーなぁ。
『校閲ガール』で、純文学で売れなかったみたいな話が
出てきていたせいか、強く思う。

もっとギラギラヒリヒリしたお話かと思っていたけれど。
全然違った。
主人公の生きにくさとか、あまり伝わってこない。
面白い…?

1日で読めるかと思ったら、十数ページ残して読み切れず。
1日2日して、最後読んで、ちょっとびっくり。
え?
なにこの展開

とりあえず、2作目読んだら、また再読
… しなくていいかな。


関連記事
[又吉直樹]  [火花]  [またよしなおき

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/631-188e22b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)