Home>狩人の悪夢 有栖川有栖

Fri2017.06.09


狩人の悪夢 有栖川有栖

狩人の悪夢 有栖川有栖
角川書店

2017.6.8

断章――奈落の森
第1章 あなたに悪夢を
第2章 獏(ばく)の家の惨劇
第3章 フィールドワーク!
第4章 矢と弓
第5章 隠された貌(かお)
第6章 夜の狩り
エピローグ
あとがき


読み始めて早々に、火村と有栖のセリフ、
どっちがどっちかわからず
読み返してもわからず、くじけそうになる。
とりあえず、まぁいいか、で流すことに。

読み進めて、うっすらと
前にもこのシリーズ読んだことあるかも
そして、ダメだったかも…
と、思い出す。
(何を読んだのかは当然記憶にない)

そして読了。

犯人が左手を切断した理由がどーしてもわからない。
空き家に隠してよしとしたのも、浅はかすぎ。
移動に車が必要な距離なのかも、いまひとつわからない。
包丁は隠したのに、弓は壁に戻してあったのもナゾ。
いろんなことが腑に落ちないので
謎解きの面白さがさっぱりわからない。

火村と有栖は、どうしてこんなに犯人に冷たいのか。
犯人を“狩る”なんて言っちゃう火村がヤな感じ。

最後の流れで、なんか犯人いいヒトで。
被害者が首を突っ込んでこなければ、
そもそも起きなかった犯罪みたいで。

色々消化不良。

あと。
純文学で賞を取った白布施が、『ナイトメア・ライジング』を
発表したのが7年前。
渡瀬については、白布施が
「…6年前から僕のそばで事務から雑用まで手伝ってくれていた青年…」
と言っているけれど。
そこはウソ?
2年前に死んで、その前の6年間身近にいたってこと?
知り合ったきっかけを話してるワケじゃないからよいのかな。

なんか、つまらないことばかり引っかかる…


表紙がとても美しい本です


関連記事
[有栖川有栖]  [狩人の悪夢]  [ありすがわありす

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/629-4c15378f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)