Homeジェフリー・ディーヴァー>煽動者 ジェフリー・ディーヴァー 池田真紀子訳

Tue2017.06.06


煽動者 ジェフリー・ディーヴァー 池田真紀子訳

煽動者 ジェフリー・ディーヴァー 池田真紀子訳
文藝春秋

Solitude creek
Jeffery Deaver

2017.6.4

4月4日 火曜日 パニック
4月5日 水曜日 ベースライン
4月6日 木曜日 ゲット
4月7日 金曜日 予防線
4月8日 土曜日 フラッシュモブ
4月9日 日曜日 シークレット・クラブ
4月10日 月曜日 すべての者の血
4月11日 火曜日 最後の挑戦



カバーそでより。

捜査の第一線から外されたキャサリン・ダンス、
パニックを凶器に無差別殺人をくりかえす卑劣な犯人を追う。

 “人間嘘発見器”キャサリン・ダンス捜査官が「無実だ」と太鼓判を押した男が、
実は麻薬組織の殺し屋だとする情報が入った。殺し屋を取り逃がしたとして、
ダンスは麻薬組織合同捜査班から外され、民間のトラブルを担当する民事部に
異動させられた。そこは拳銃の携帯も許されない窓際――彼女に割り当てられ
たのは満員のコンサート会場で観客がパニックを起こして将棋倒しとなり、
多数の死傷者が出た一件だった。
 だが現場には不可解なことが多すぎた。観客は会場の外で焚かれた炎の煙で
火事だと誤解し、殺到した非常口はトラックに塞がれていたのだ。この惨事は
仕組まれたものではないか? 人々を煽動し、死へと走らせる何者かがいる。
独自の捜査を開始したダンスだったが、犯人はまたもや死の煽動工作を実行した!
 卑劣きわまりない愉快犯。そして麻薬組織の殺し屋をめぐる捜査。
尋問の天才キャサリン・ダンスを二つの難題が追いつめる。二度読み必至、
読者に背負い投げを食わせる好評シリーズ第四弾!



やっぱりジェフリー・ディーヴァーは面白い!
やめられない止まらない
眠い…

ジェフリー・ディーヴァーといえば、どんでん返しだけれど。
今回のどんでん返しは、あんまり…
いや、設定はびっくりだったけれど。
最後の方、ちょっとしりすぼみ感。
クリス・ジェンキンズがあっさり死んでしまって、
アンティオック・マーチの怖さも中途半端な感じ…

かといって、もう一つの捜査の方が主題って感じでもないしな…

メインテーマは…キャサリンの恋愛
ジョン・ボーリングもマイケル・オニールもいいヒトすぎ
ダンスがモテモテのハッピーエンド。
キャサリン・ダンスって、そんなにいい女でしたっけ?
なんとなく、おばちゃんなイメージだったんだけどな…
というか、この終わり方、ダンスってヤな女では

それにしても。
将棋倒しはコワイ。
こんな殺し方、考えつくのがコワイ…

そーいえば、その第2の犯行現場となった作家の講演会の場面に、

書いて楽しく、話しても楽しい作家だったらよかったのに。
たとえばジャネット・イヴァノヴィッチとか、ジョン・ギルストラップとか。


とある。
ジャネット・イヴァノヴィッチ
ジェフリー・ディーヴァーに面白いって言われてる

なのに、ステファニー・プラムシリーズ、ちっとも翻訳でない
扶桑社でも講談社でも、
どっちでもいいから、はやく続きを出して
できればもう少しましな邦題で…


関連記事
[ジェフリー・ディーヴァー]  [煽動者]  [池田真紀子

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/626-a973caf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)