Homeアヴラム・デイヴィッドスン>エステルハージ博士の事件簿 アヴラム・デイヴィッドスン 池央耿訳

Sat2017.06.17


エステルハージ博士の事件簿 アヴラム・デイヴィッドスン 池央耿訳

エステルハージ博士の事件簿 アヴラム・デイヴィッドスン 池央耿訳
河出書房新社

THE ENQUIRIES OF DOCTOR ESZTERHAZY
Avram Davidson

2017.6.15

眠れる童女、ポリー・チャームズ
エルサレムの王冠 または、告げ口頭
熊と暮らす老女
神聖伏魔殿
イギリス人魔術師 ジョージ・ペンバートン・スミス卿
真珠の擬母
人類の夢 不老不死
夢幻泡影 その面差しは王に似て
解説  殊能将之


「BOOK」データベースより。

時は19世紀と20世紀の変わり目、舞台はバルカン半島中央部に位置する
架空の小国スキタイ=パンノニア=トランスバルカニア三重帝国。法学、医学、
哲学、文学、理学、その他もろもろ博士号を持ち、大都ベラでただひとり
私兵を雇う資格を持つ、希代の大博士エンゲルベルト・エステルハージが
さまざまな怪事件を解決する。30年の眠りにつく童女の謎、盗まれた宝冠の
行方、老女と暮らす熊の正体、魔を呼ぶ集会、イギリス人の魔術師の野望、
川に伝わる美しい乙女の伝説、そして不老不死の夢……。怪談、スリラー、
探偵小説、幻想譚、喜劇、民話に彩られた、異色事件簿。博覧強記の幻想
作家デイヴィッドスンの最高傑作がついに邦訳。世界幻想文学大賞受賞。



なんとも不思議なお話。
ちょっとオチがわからなかったところもあったけれど。
“事件簿”…
ちょっとクセになりそうなファンタジー


関連記事
[アヴラム・デイヴィッドスン]  [エステルハージ博士の事件簿]  [池央耿

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/625-92fed528
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)