Home佐藤多佳子>サマータイム 佐藤多佳子

Tue2017.05.09


サマータイム 佐藤多佳子

サマータイム 佐藤多佳子
新潮文庫

2017.5.8

サマータイム
五月の道しるべ
九月の雨
ホワイト・ピアノ
解説  森絵都


裏表紙より。

佳奈が十二で、ぼくが十一だった夏。どしゃ降りの雨のプール、
じたばたもがくような、不思議な泳ぎをする彼に、ぼくは出会った。
左腕と父親を失った代わりに、大人びた雰囲気を身につけた彼。
そして、ぼくと佳奈。たがいに感電する、不思議な図形。
友情じゃなく、もっと特別ななにか。ひりひりして、でも眩しい、
あの夏。他者という世界を、素手で発見する一瞬のきらめき。
鮮烈なデビュー作。



これがデビュー作
キョーレツ

広一かっこいい
佳奈と進の姉弟もいい感じ。
キラキラ~


関連記事
[佐藤多佳子]  [サマータイム]  [さとうたかこ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/617-94e35c78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)