Home東野圭吾>危険なビーナス 東野圭吾

Sun2017.05.07


危険なビーナス 東野圭吾

危険なビーナス 東野圭吾
講談社

2017.5.5

1
2
3

31


東野圭吾、どーしたんだろー…
主人公の獣医が、助手も患者さん(というか飼い主)も
とにかく自分の周りのあらゆる女性を性的な目で見てるのが
気持ち悪い…

東野圭吾がそーゆーヒトなのか…

タイトルと煽り文句でのミスリードもなんとかならないのかなー…

想像はいい意味で裏切られたけれど。
結局大して話が膨らまなかった。
『夢幻花』みないな感じ。

天才明人くんも、期待を煽っておいて、
全然すごさを感じさせずに終了。

最後はラブコメか、ってオチ。

東野圭吾の周りに女性はいないのか


関連記事
[東野圭吾]  [危険なビーナス]  [ひがしのけいご

COMMENT

一気に読みました。
幅広いジャンルの小説を書けるのがすごいです。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/615-409b907d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

+「危険なビーナス」東野圭吾

弟が失踪した。彼の妻・楓は、明るくしたたかで魅力的な女性だった。 楓は夫の失踪の原因を探るため、資産家である弟の家族に近づく。 兄である伯朗は楓に頼まれ協力するが、時が経てば経つほど、彼女に惹かれていく。 始めは、獣医なのにペットのオーナーに対して冷ややかに対応している主人公にリアリティ。 でも実は少しエッチで惚れっぽく、すぐ嫉妬して心配する30代男性のキャラが意外でした。 「...