Homeアヴラム・デイヴィッドスン>どんがらがん アヴラム・デイヴィッドスン 殊能将之編

Sat2017.05.20


どんがらがん アヴラム・デイヴィッドスン 殊能将之編

どんがらがん アヴラム・デイヴィッドスン 殊能将之編
奇想コレクション 河出書房新社

Bumberboom
Avram Davidson

2017.5.19

序文  グラニア・デイヴィス
ゴーレム
物は証言できない
さあ、みんなで眠ろう
さもなくば海は牡蠣でいっぱいに
ラホール駐屯地での出来事
クィーン・エステル、おうちはどこさ?
尾をつながれた王族
サシェヴラル
眺めのいい静かな部屋
グーバーども
パシャルーニー大尉
そして赤い薔薇一輪を忘れずに
ナポリ
すべての根っこに宿る力
ナイルの水源
どんがらがん
解説  殊能将之


どんがらがん?
2005年?
アヴラム・デイヴィッドスン?

なんでこれを…?

「さもなくば海は牡蠣でいっぱいに」

OR ALL THE SEAS WITH OYSTERS

あるいは牡蛎でいっぱいの海

そーか!
『横浜駅SF』か!

読み始めたら面白かったのだけれど。
東野圭吾や村上春樹がきちゃったので
読み切れず。
再トライ。

色々テイストは違うけれど、どれも面白い

「さあ、みんなで眠ろう」、「パシャルーニー大尉」は
ちょっと切ない。

「クィーン・エステル、おうちはどこさ?」、
「眺めのいい静かな部屋」は、ちょっとほのぼの。
(人が死んでいるけれど…)

「どんがらがん」は、伊坂幸太郎かカズオ・イシグロに
こんな感じのお話があったような…
地中からでてきたのは、自由の女神…
猿の惑星?
最後は、やっぱりそーなるよねー

「そして赤い薔薇一輪を忘れずに」が一番好きかな

Or all the seas with oysters.
文脈からしたら、さもなくば… なんだろーなぁ。
でも、タイトル変えるのって、やっぱりすごい違和感。


The Golem
The Necessity of His Condition
Now Let Us Sleep
Or All the Seas with Oysters
The Affair at Lahore Cantonment
Where Do You Live, Queen Esther?
The Tail-Tied Kings
Sacheverell
A Quiet Room with a View
The Goobers
Captain Pasharooney
And Don't Forget the One Red Rose
Naples
The Power of Every Root
The Sources of the Nile
Bumberboom



関連記事
[アヴラム・デイヴィッドスン]  [どんがらがん]  [殊能将之

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/613-7baf7d56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)