Home宮木あや子>花宵道中 宮木あや子

Wed2017.04.26


花宵道中 宮木あや子

花宵道中 宮木あや子
新潮文庫

2017.4.19

花宵道中
薄羽蜉蝣
青花牡丹
十六夜時雨
雪紐観音(ゆきひもかんのん)
大門切手(おおもんきって)
解説  嶽本野ばら


裏表紙より。

どんな男に抱かれても、心が疼いたことはない。誰かに惚れる弱さなど、
とっくに捨てた筈だった。あの日、あんたに逢うまでは――初めて愛した
男の前で客に抱かれる朝霧、思い人を胸に初見世の夜を過ごす茜、
弟へ禁忌の恋心を秘める霧里、美貌を持てあまし姉女郎に欲情する緑
……儚く残酷な宿命の中で、自分の道に花咲かせ散っていった遊女たち。
江戸末期の新吉原を舞台に綴られる、官能純愛絵巻。R-18文学賞受賞作。



これがデビュー作

半次郎が殺すほど吉田屋を?
と思ったら、深い深い因縁が。
連作短編なんだ…

「大門切手」で勝野が
未だに戻ってきた女はいない
と述懐した後、
江利耶が戻ってくる。
ということは、八津は戻ってきてないんだ。
せめて八津だけでも幸せに暮らしていてほしい。


関連記事
[宮木あや子]  [花宵道中]  [みやぎあやこ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/610-707ba9de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)