Home宮木あや子>校閲ガール ア・ラ・モード 宮木あや子

Fri2017.04.07


校閲ガール ア・ラ・モード 宮木あや子

校閲ガール ア・ラ・モード 宮木あや子
角川書店

2017.4.6

第1話 校閲ガールのまわりのガール・森尾
第2話 校閲ガールのまわりのガールなんだかボーイなんだか・米岡
第3話 校閲ガールのまわりのウーマン・藤岩
第4話 校閲ガールのまわりのサラリーマン・貝塚
第5話 校閲ガールのまわりのファンジャイ
番外編 皇帝の宿
おまけマンガ


『校閲ガール ア・ラ・モード』で涙するとは…
しかもエリンギ部長のエピソード。
ファンジャイって、“fungi”、フンギか…

校閲ガール、面白い

東野圭吾よりよっぽどおススメ

『校閲ガール』のわき役のみなさんを丁寧に掘り下げてる。
(ひとり1話なのでそんなに深くもないけど)

米岡の子どもの頃の話に
「この話、わたしならもっと読みやすく、おもしろく書ける」と
勘違いしちゃうダメな子供だった。だってページを捲っても
捲っても話が始まらなかったりするんだもん(二都物語とか)。

とあるけれど。
いやいやいや…
『二都物語』、面白いから。
泣いたから。
(私のあてにならない記憶では

『校閲ガール トルネード』も楽しみ


関連記事
[宮木あや子]  [校閲ガール]  [ア・ラ・モード]  [みやぎあやこ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/605-3cd8bfb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)