Home>見知らぬ乗客 パトリシア・ハイスミス 青田勝訳

Mon2017.03.27


見知らぬ乗客 パトリシア・ハイスミス 青田勝訳

見知らぬ乗客 パトリシア・ハイスミス 青田勝訳
角川文庫

Strangers on a Train
Patricia Highsmith

2017.3.25

1

47
あとがき
解説  新保博久


裏表紙より。

新進建築家ガイは、妻と離婚するため故郷へ向かう列車の中で一人の青年と
出会う。チャールスと名乗る男は、富豪の息子で、父を偏執的に嫌悪していた。
狂気じみたように父を語る彼に、ガイはふと、妻とのトラブルに悩んでいると打ち
明ける。彼の妻ミリアムは、他人の子供を身ごもりながら、離婚に応じようとしない、
と。ガイに同情したチャールスは、驚くべき計画を持ちかける。彼がガイの妻を
殺すかわりに、ガイに自分の父を殺してくれと言うのだ……。
特殊な状況に置かれた人間たちの心理と行動を綿密に描き出した、ハイスミスの
処女長編、待望の復刊! (解説 新保博久)


『キャロル』を読んでからの、P・ハイスミス。
ヒッチコックの映画の原作、ということで読み始めたけれど。
全然進まない。
というか、読むのが苦痛。
途中、かなりの斜め読みで飛ばしても、全然終わらない。
特に、ガイがブルーノーの父親を殺してからが長くてツライ。
60ページほど残して中断していたのを、やっと読み終わる。

交換殺人の開祖…
なるほど。

とにかく長くてツラかった。

中断中に読んだ小川洋子の『不時着する流星たち』に
P・ハイスミスが出てくる。
シンクロニシティ


関連記事
[パトリシア・ハイスミス]  [見知らぬ乗客]  [青田勝

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/600-bd49219f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)