Homeマイクル・コナリー>死角 オーバールック マイクル・コナリー 古沢嘉通訳

Tue2013.05.07


死角 オーバールック マイクル・コナリー 古沢嘉通訳

死角 オーバールック マイクル・コナリー 古沢嘉通訳
講談社文庫

THE OVERLOOK
Michael Connelly

2013.5.2


LA市内を一望する展望台で射殺された医学物理士のケント。
妻を殺すと脅迫されたケントは、病院から癌治療用の
セシウム放射性物質を持ち出していた。
セシウムを使ったテロ事件として、FBIが関与してくる。
セシウムの行方とテロリストを追うFBIに対して、
ボッシュは殺人犯が見つかれば、セシウムも見つかると考える。

「エコー・パーク」に次ぐ、ハリー・ボッシュ・シリーズ13作目。
「エコー・パーク」で決裂したFBI特別捜査官のレイチェルも
出てくる。
しかも、これ、事件発生から12時間の物語
自らも被爆しながらも、事件を解決したボッシュ。

基本的な方程式なんだ――セックス足す金イコール殺人。それだけだ

かっこいい

レイチェル、新しい相棒イグナシオ・フェラスとの
関係も気になるし、早く新作が読みたい


関連記事
[マイクル・コナリー]  [死角]  [オーバールック]  [古沢嘉通訳]  [Michael]  [Connelly]  [THE]  [OVERLOOK

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/59-2b759bcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)