Home森見登美彦>狐狸の恋 諸田玲子

Sun2017.01.22


狐狸の恋 諸田玲子

狐狸の恋 諸田玲子
新潮文庫

2017.1.13

第1話 この母にして
第2話 悪たれ矢之吉
第3話 狐狸の恋
第4話 日盛りの道
第5話 今ひとたび
第6話 別の顔
第7話 末黒(すぐろ)の薄
第8話 菖蒲刀(しょうぶがたな)
解説――楊貴妃計画  深井国


裏表紙より。

夫伴之助が任務を終えて家に帰り、矢島家には平穏が戻りかけていた。
お鳥見役に任命された長男久太郎には縁談が持ち上がり、次男の久之助
にも想い人が……その成長は頼もしいが、久太郎の相手は一家の敵・
老中水野忠邦に連なる家の娘、久之助の見初めた娘にも家がらみの事情が
あった――子らそれぞれの幸せを願って温かい珠世の笑顔が、家族の絆を
支える好評シリーズ、文庫第4弾。



解説を書いているのが、カバー装画の深井国。

表紙の女性が

珠世の少し若いころを見るようなイメージで描きました。

とあってびっくり。
ちょっといろっぽすぎじゃない?
ちょっと幼く見えるけれど、「狐狸の恋」の幾乃あたりかと。


関連記事
[諸田玲子]  [狐狸の恋]  [もろたれいこ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/575-ee4c8480
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)