Home湊かなえ>望郷 湊かなえ

Wed2013.04.24


望郷 湊かなえ

望郷 湊かなえ
文藝春秋

2013.4.23

みかんの花
海の星
夢の国
雲の糸
石の十字架
光の航路


瀬戸内海に浮かぶ「白綱島(しらつなじま)」を
舞台にした短編。

「母性」を読んで、
湊かなえはしばらくいいかな…
と思ったのだけれど、
「望郷」、あちらこちらで絶賛されているので
借りてみました

白綱島が舞台、というだけで、それぞれ独立した短編。
短編のせいか、くどくなく、ちょうどいい分量。
それぞれに、湊かなえらしいどんでん返しはあるし、面白い。


◇みかんの花
 流行作家となった姉が、島を飛び出したきり
 島に帰ってこようともしなかった本当の理由は…

まさか殺人がからんでいるとは思わず、びっくり。


◇海の星
 小6のときに、父が失踪し、母と二人、父を待つ日々を送っていた
 僕の前に現れた漁師のおっさん。
 おっさんが僕たちに近づいたのは、美人の母への下心ではなく…

漁網に死体がかかっても、そっと海に戻しちゃう、ってホントに?


◇夢の国
 「屋敷の奥様」と呼ばれた祖母と、娘しか産めなかった母と、
 時代錯誤な「家」に縛り付けられた私。

“東京ドリームランド”と出てくるのだけれど。
“ディズニーランド”じゃいけないのかな。
そればかり気になって、どんでん返しの衝撃が薄まっちゃいました


◇雲の糸
 母親が父親を殺したため、島での生活には辛い思い出しかない。
 なのに、島を出て、アーティストとして成功したヒロタカは、
 島の鉄工所の創業記念パーティに呼ばれ…

この辺で、
この島、殺人多すぎない?
と、チャチャを入れたくなる…


◇石の十字架


◇光の航路


湊かなえ、短編いいです


関連記事
[湊かなえ]  [望郷]  [みなとかなえ

COMMENT

この方の作品は濃いブラックさが独特です。
それにしては、くどすぎず、なんか懐かしいような不思議な感じです。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

+Re: 藍色さま

いつもありがとうございますi-179

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/57-6d64f05d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

+「望郷」湊かなえ

日本推理作家協会賞受賞!心に刺さる連作短篇集。 島に生まれ育った人々の、島を愛し島を憎む複雑な心模様が生み出すさまざまな事件。推協賞短編部門受賞作「海の星」ほか傑作全六編。 「みかんの花」「海の星」「夢の国」「雲の糸」「石の十字架」「光の航路」六編収録。 瀬戸内海に浮かぶ「白綱島」を舞台にした連作短編集。 孤島を舞台とした閉塞感が、シチュエーションものみたいな感じを醸し出しています。...