Homeエッセイなど>ゆっくりさよならをとなえる 川上弘美

Tue2017.01.24


ゆっくりさよならをとなえる 川上弘美

ゆっくりさよならをとなえる 川上弘美
新潮社

2017.1.14

i
 雨蛙
 かすかなもの
 しょうがパンのこと
 はじめての本
 蝶々恐怖
 妻に似ている
 エレキな春
 古池
 おりがみとお便所
 多摩川
 拾い癖
 オクラの夏
 海
   ガルシア・マルケス 『エレンディラ』 「大きな翼のある,ひどく年取った男」
 ナポリタンよいずこ
 ペタペタ
 月の記憶
   イタロ・カルヴィーノ 『柔らかい月』
 生牡蠣とキノコ
 これ、食ってよ
 大阪
 覗き見る
   内田百閒 『御馳走帖』「餓鬼道肴蔬目録」
 蠅や蚊や
 猫のゆりかご
ii
 春のおでん
 パレード・正午
 連休のそらまめ
 昼顔
 夏の川
 古本屋街へ
 パーティー
 二勝三敗
 イタリア その一
 イタリア その二
 実家
 十六巻はいずこ
 井の頭公園
 明石
 明石ふたたび
iii
 金魚のC子
   藤枝静男  『田紳有楽』
 平凡
 赤い糸
 不幸に似通ったもの
   田辺聖子 『私的生活』
 別れた男
 爪切りも蠅も
 教訓なしの愉しみ
   ドロシー・ギルマン 『おばちゃまは飛び入りスパイ』
 マイナーとうとう
 本屋さんで
 春休みの鬱屈
 歩き読み
iv
 十二月
 雪の日
 海の記憶
 ハンカチ
 ムツカシイムツカシクナイ
 カウンターの外側
 わからないことなど
 はっさく、ぽんかん、夏みかん
 コーヒーのころ
 文京区千駄木五丁目
v
 ゆっくりさよならをとなえる
あとがき


川上弘美と小川洋子、混同しがち
これは川上弘美。

こけを食べる話は、小川洋子の『原稿零枚日記』。
こちらは小説。

きいちごのジャムやジンジャーブレッドの話、わかる~
ジンジャーブレッド、どんな味なんだろーってずっと思っていた。
ピッピがよく作っているから、どんなに美味しいのかと。
イギリスの湖水地方に行ったとき、
有名なお店で買ったジンジャーブレッドに、
思わず
「・・・」

文化の違いを感じたなぁ…

スパゲティナポリタンを「スパナポ」と略すのには
ちょっとびっくり。
「ナポリタン」じゃダメなの?
ほんとに「スパナポ」なの?

文中に出てきた本で、気になったモノをメモ。
そのうち借りてみよう


関連記事
[川上弘美]  [ゆっくりさよならをとなえる]  [かわかみひろみ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/569-e74d7c20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)