Home今邑彩>「死霊」殺人事件 警視庁捜査一課・貴島柊志 今邑彩

Wed2016.12.28


「死霊」殺人事件 警視庁捜査一課・貴島柊志 今邑彩

「死霊」殺人事件 警視庁捜査一課・貴島柊志 今邑彩
中公文庫

2016.12.27

プロローグ
第1章 死体は夜歩く
第2章 死者を追って
第3章 死体が殺した
第4章 もう一人の死者
第5章 再び密室
第6章 やっぱり死体が殺した
第7章 まだ終わっていない
第8章 死者は囁く
中公文庫版あとがき


裏表紙より。

家に送り届けた後、「金を取ってくる」と言ったまま戻らない男性客。
しびれを切らしたタクシー運転手が家の中で目撃したのは、二人の男の
死体だった。さらに二階からは泥まみれの女の死体も発見され……。
密室状態で起きた不可解な殺人に貴島刑事が挑む、本格推理+怪奇の
傑作、貴島シリーズ第三作。



なんだろう…
最初の殺人事件、いらないんじゃないかな…
千里が(まったくの善人じゃなかったとわかるけれど)
かわいそうすぎる…

なんか色々雑な事件だったなぁ…

階段から落ちた、って、
それ、普通気づくでしょ、
とか、
ツッコミどころ満載^^;

そーか!
桐子も千里も、自分たちで語る場面がないから、
物足りない気がするのか…

でも、やっぱり詰め込みすぎな感じだし…

これ、第4作、第5作、あるのかなー

1を読んでないからいけないのかなー…


関連記事
[今邑彩]  [「死霊」殺人事件]  [警視庁捜査一課・貴島柊志]  [いまむらあや

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/567-03ccf4bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)