Home宮部みゆき>ペテロの葬列 上・下 宮部みゆき

Tue2016.12.20


ペテロの葬列 上・下 宮部みゆき

ペテロの葬列 上・下 宮部みゆき
文春文庫

2016.12.19

プロローグ
1
2

8
9

13
エピローグ
解説  杉江松恋


上巻・裏表紙より。

「皆さん、お静かに。動かないでください」。拳銃を持った、丁寧な口調の
老人が企てたバスジャック。乗客の一人に、杉村三郎がいた。呆気なく
解決したと思われたその事件は、しかし、日本社会のそして人間の心に
潜む巨大な闇への入り口にすぎなかった。連続ドラマ化もされた、『誰か』
『名もなき毒』に続く杉村シリーズ第3作。


下巻・裏表紙より。


杉村三郎らバスジャック事件の被害者に届いた「慰謝料」。送り主は?
金の出所は? 老人の正体は? 謎を追う三郎が行き着いたのは、かつて
膨大な被害者を生んだ、ある事件だった。待ち受けるのは読む者すべてが
目を疑う驚愕の結末。人間とは、かくも不可思議なものなのか――。
これぞ宮部みゆきの真骨頂。解説・杉江松恋



『希望荘』から『誰か Somebody』『名もなき毒』に戻って
『ペテロの葬列』再読。
2014.3.22 ペテロの葬列 宮部みゆき


バスジャックも浮気のことも覚えているのに、
バスジャックの動機とか、
園田編集長の過去とか、
細かいことを全然覚えていない自分にびっくり

毎度のことながら、読んだ本は(私の記憶の)どこに
しまわれているのでせう…

さて。
前2作から読み返したら、また印象は変わるかな。
とか書いてますが。
うーん…
ちょっとは深く読めたかな。
途中やや失速感。
とかも言ってたけど、そんなことはなかった。

ただ。
やっぱり色々ぶっこみすぎ?

菜穂子はやっぱりヤな感じ。
途中、杉村三郎が「解放されたい」と訴える場面が
初見のときよりしっかり印象に残っているので、
あながち間違った理屈じゃないのかなーと
納得感は増したけれど。
だからって、浮気?
なんだかなー…

あと。
森閣下の無理心中が美談なのも、やっぱり違和感。
奥さんが本当にそう望んでいたかなんて、
誰にもわかりようがないことだし。
殺人… だよな…

「森にはあれでよかったんだろう。何よりも、夫人もそう望んでいた。
残念だと思うのは残った者の感傷だ」


いやいや、今多嘉親まで

でも、再読してよかった。

あ。
上下巻に分けるなら、レンブラントの「聖ペテロの否認」は
下巻につけるべきでは。



関連記事
[宮部みゆき]  [ペテロの葬列]  [みやべみゆき

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/565-b1babe50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)