Homeエッセイなど>おめかしの引力 川上未映子

Thu2016.12.08


おめかしの引力 川上未映子

おめかしの引力 川上未映子
朝日新聞出版

2016.12.7

はじめに

「大阪部」がすこんと顔を出す   ―― 2008.4
絶壁矯正、いくら出す?
カラータイツで出かけたら
「美」を支える無根拠の力
猛暑にコート「早巻きの夏」
おしゃれとは無縁の秋
秋冬必須のとっくりですが
流行に乗って、ふたをして
パンツはけない初期設定
ぎりぎりを踏んばる自信   ―― 2009.1
眉をめぐる緊張と快感と
ワンピースと納豆
三万円下着の底力
気づけば空母になっちゃって
お財布、いっこ主義。
地に足つけてというけれど
りぼん問題、インサマー
富と余剰のハーモニー
魔法をかけられたい秋
ネグリジェよ、永遠に?
愛という名の指輪   ―― 2010.1
ファストファッションに弾かれて
逆シンデレラみたいな贅沢
取り調べサイン会
ご機嫌なのです、大眼鏡
愛のリサイクル
壊れそうなドレスを着たい
ときめきパフスリーブ
名づけの快感
シルクが藁になる瞬間
愛するシルク、美文で復活
かわゆいスヌーピに夢中
ロングスカートは命がけ   ―― 2011.2
セレブ洗剤の使い道
自粛のつもりはないけれど
節電の世界で見えるもの
あこがれの太眉女子
着倒れを夢みて

求む、ブラジャー革命
ブラジャー革命、その後
ダッフルは誰の思い出?
ハイブランドの幻惑
指さきの小さな愉悦
流行と自意識   ―― 2012.1
シルクに目覚めて
真珠のささやき
ぺたんこ靴の真実
ドレスの行く末
当たり前じゃない、当たり前
涙代わりのダイヤモンド
部屋着革命ならず
ときめきは葬りきれない
「キヨシ」姿で育てるはずが
「凄玉」こそのシャネルの「5番」
理想のガウンを探して   ―― 2013.1
しんどくてもエディの虜
デビルマン2013
ぴんと伸ばした背筋のはずが
90年代って、もう「昔」なの?
「モテ」との関係、あるのかな
伊勢丹で日割り計算をしてみる
前髪にそれぞれの美学
一級の日傘、とびきりの黒
ニナ! ごめんなさい
ああ、金剛石よ!
贈られ上手 VS. マッチョ親父
ヴィトンにひれ伏す   ―― 2014.1
下着売り場、芽生えた絆
これからも着込みつづけます!

おめかしについて語るときにわたしたちの語ること
  聞き手・江南亜美子   (2016年2月8日)


朝日新聞に2008年4月~2014年3月まで、
月1で連載されていたエッセイ。
すごい! 6年分が1冊に!

「…70歳まで生きるとして毎日つけて1日約百円。
今買わないで、いつ買うの」

絹というのは水で洗濯して干すと藁のようになることもあるけれど、
スチームアイロン(130~140℃、ドライアイロンは避けて)をかければ
新品同様になります。
…絹は5,000年来、水で洗ってきたのです、ぜひ水洗いしましょう!
…水温は25~30℃、洗剤はシャンプーなどの中性洗剤を少しで押し洗い、
脱水はほんの少しで水が少し垂れる程度に、
家蚕絹は日陰干し、野蚕絹は直射日光でもだいじょうぶ、
絹は綿の2倍の速さで乾くこと…

さらに剣呑なのは、悪魔のささやき「ザ・日割り計算」…
…最終的に浮かぶのはパート生活をしている母の顔&
その時給…このすべてを全なしにしてしまう破壊力…

良い物を長く楽しむためには先送りにするんじゃなくて、
今買うのが全方位的に最適解だよ

いつだってわたしは値札についた金額を余生の日数で割ってきた



シルクの洗い方、間違ってなかったー
スチームアイロンも、パナソニックの衣類スチーマーがあるし
これからもがしがし着て、優しく洗おう

それと、ありがちな日割り計算。
さすがに余生の日数で割る、っていうのは思いつかなかったなー


関連記事
[川上未映子]  [おめかしの引力]  [かわかみみえこ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/562-20bc639e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)