Home池井戸潤>民王 池井戸潤

Mon2016.12.05


民王 池井戸潤

民王 池井戸潤
文春文庫

2016.12.4

プロローグ
第1章 御名御璽(ぎょめいぎょじ)
第2章 親子漫才
第3章 極秘捜査
第4章 キャンパスライフ
第5章 スキャンダル
第6章 我らが民王
エピローグ
解説  村上貴史


裏表紙より。

「お前ら、そんな仕事して恥ずかしいと思わないのか。
目をさましやがれ!」漢字の読めない政治家、酔っぱらい
大臣、揚げ足取りのマスコミ、バカ大学生が入り乱れ、
巨大な陰謀をめぐる痛快劇の幕が切って落とされた。
総理の父とドラ息子が見つけた真実のカケラとは!?
一気読み間違いなしの政治エンタメ!  解説・村上貴史



再読。
2014.1.15 民王 池井戸潤


そうか、これが初池井戸潤だったのか。
(多分ね

細かいことは、すっかり忘れているけれど。
面白く読めました


関連記事
[池井戸潤]  [民王]  [いけいどじゅん]  [たみおう

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/560-382dde65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)