Homeマイクル・コナリー>エコー・パーク マイクル・コナリー 古沢嘉通訳

Sun2013.04.28


エコー・パーク マイクル・コナリー 古沢嘉通訳

エコー・パーク マイクル・コナリー 古沢嘉通訳
講談社文庫

ECHO PARK
Michael Connelly

2013.4.26

ハイ・タワー 一九九三年
第一部 殺人犯
第二部 現場検証
第三部 聖なる地
第四部 餌をやった犬
第五部 エコー・パーク
訳者あとがき


LA、エコー・パークでの深夜の職務質問で、
2人の女性のバラバラ死体を車に乗せていた男、
レイナード・ウェイツが逮捕された。
ウェイツは、発覚していない9件の殺人を告白することを条件に
司法取引を持ちかける。
その中には、ボッシュが13年間追っている、
マリー・ゲストの名前もあり…


ハリー・ボッシュ・シリーズの第12作目。
12作目
そんなに出てるんだ…

ナイトホークス
ブラック・アイス
ブラック・ハート
ラスト・コヨーテ
トランク・ミュージック
堕天使は地獄へ飛ぶ
夜より暗き闇
シティ・オブ・ボーンズ
暗く聖なる夜
天使と罪の街
終決者たち
エコー・パーク
死角 オーバールック

知らなかった…
5冊くらいしか読んでない。
(もちろん、内容はウロ覚え

でも、シリーズ物でありながら、単独で読んでも問題ない。
ボッシュの造形が際立っているから、あっという間に
ボッシュの世界に入り込める。

ウェイツの本当の経歴にたどり着いたボッシュ。

…片親から引き離され、引き取られた先の施設で
おなじように虐待された子どもの物語だ。
…ボッシュも同様の道のりをたどった。
ボッシュは自分なりの傷を負いながらも生き延びたが、
その傷による被害は、フォックスワースの受けた傷に
とうてい比肩するものではなかった。


特に、後半、ウェイツとの対決場面は圧巻。

どんでん返しもあり。

でも、ウェイツとの対決の後では、
長年の宿敵、レックス親子との対決が
あっさりしすぎて物足りない気も…


関連記事
[マイクル・コナリー]  [エコー・パーク]  [古沢嘉通訳]  [Michael]  [Connelly]  [ECHO]  [PARK

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/56-98716ff8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)