Home長嶋有>三の隣は五号室 長嶋有

Fri2016.11.25


三の隣は五号室 長嶋有

三の隣は五号室 長嶋有
中央公論社

2016.11.23

第1話 変な間取り
第2話 シンク
第3話 雨と風邪
第4話 目覚めよと来客は言った
第5話 影
第6話 ザ・テレビジョン!
第7話 「1は0より寂しい数字」
第8話 いろんな嘘
第9話 メドレー
最終話 簡単に懐かしい


第一藤岡荘の五号室のお話。

66-70年 藤岡一平
70-82年 二瓶(にへい)敏雄・文子(ふみこ) ・環太
82-83年 三輪(みわ)密人(みつと)
83-84年 四元(よつもと)志郎
84-85年 五十嵐五郎
85-88年 六原(むつはら)睦郎(むつろう)
88-91年 七瀬奈々
91-95年 八屋(やつや)リエ
95-99年 九重(ここのえ)久美子
99-03年 十畑(とはた)保
04-08年 霜月(しもつき)未苗(みなえ) /桃子
09-12年 アリー・ダヴァーズダ
12-16年 諸木(もろき)十三(じゅうぞう)


誰かの人生を追うのではなく、とあるアパートの一部屋の
ちょっとしたモノを主軸に、歴代の住人の様子が垣間見える
不思議な物語。

時代も昭和から平成まで、行きつ戻りつ、
とりとめがないような…

あまりに淡々としすぎていて、
もしかして、退屈?
いやでも、長嶋有だし…

途中、二瓶文子さんが、息子の環太に、
「おかあさんは『コンドルのジョー』が好き」
という場面に、
私も
と(物語とは関係なく)テンションが上がったり。
愛ラブSMAP!
夢がMORI MORI
眠れる森
空から降る一億の星
と、出てくるTV番組に反応したり…

でも、
やっぱり退屈?

と。 最終話で、諸木十三が取り壊し予定ですべて空室の
第一藤岡荘で、わざわざ五号室に越してきた理由が、
三輪密人が殺される理由となったモノを探すため
というまさかの急展開で、わくわくしていたら、
結局、なにごともなくゆるゆると終了…

いやー…
なんだろー…


関連記事
[長嶋有]  [三の隣は五号室]  [ながしまゆう

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/552-0465dd38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)