Homeジェフリー・ディーヴァー>バーニング・ワイヤー ジェフリー・ディーヴァー 池田真紀子訳

Mon2013.04.29


バーニング・ワイヤー ジェフリー・ディーヴァー 池田真紀子訳

バーニング・ワイヤー ジェフリー・ディーヴァー 池田真紀子訳
文藝春秋

THE BURNING WIRE
JEFFERY DEAVER

2013.4.28

Ⅰ トラブルマン
Ⅱ もっとも抵抗の少ない通り道
Ⅲ 電気(ジュース)
Ⅳ 最後の事件
謝辞
訳者あとがき


リンカーン・ライムシリーズの最新作。
今回の敵は、電力会社のシステムに侵入し、変電所に細工をし、
電気を自在に操り、不特定多数の人々を殺戮する。
犯人と次のターゲットを必死に割り出そうとするライム。
一方で、メキシコで目撃されたウォッチメイカーを追うライム。
ウォッチメイカーの今回の標的は…?

ジェフリー・ディーヴァーといえば、どんでん返しに次ぐどんでん返し
… が、今回あまりないなー、と、思っていたら。
ラストにたたみかけるようなどんでん返しどんでん返し

やっぱりすごいや、ジェフリー・ディーヴァー
FBI捜査官、フレッド・デルレイもご活躍

2段組500ページ弱の大部だけれど、
重いのをがまんして持ち歩くのもやむなし
(電子bookより紙の本、というなら、
 重さに耐えるしかない

まさかウォッチメイカーが…
まさかこんな結末を迎えるとは


関連記事
[ジェフリー・ディーヴァー]  [バーニング・ワイヤー]  [池田真紀子訳]  [JEFFERY]  [DEAVER]  [THE]  [BURNING]  [WIRE

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/55-d929b3f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)