Homeマイクル・Z・リューイン>内なる敵 マイクル・Z・リューイン 島田三蔵訳

Sun2016.10.16


内なる敵 マイクル・Z・リューイン 島田三蔵訳

内なる敵 マイクル・Z・リューイン 島田三蔵訳
ハヤカワ・ミステリ

THE ENEMIES WITHIN
MICHAEL Z. LEWIN

2016.10.14

1
2
3

51
訳者あとがき


裏表紙より。

けちな探偵商売に仕事を選ぶ余裕はない。だが、引き受けては
いけないたぐいのものも確かにあるのだ。ウィルスンと名乗る
男の依頼がそれだった。人を脅して追い払う――そんな仕事が、
アルバート・サムスン向きでないことはわかりきっている。
それも、脅す相手がタフな同業者とあっては……。
骨董商のウィルスンにつきまとっているのは、バーソロミューと
いうシカゴの私立探偵だった。脅すつもりで乗りこんだサムスンは
軽くあしらわれ、逆にバーソロミューから事件の背景を教えられる
ハメになった。彼は、メラニー・ベアという女を追っていた。5年
前出奔して行方が知れず、狂信的なカソリックである夫キーが彼に
調査を依頼したのだ。メラニーの昔の恋人、ウィルスンことマーチン・
ウィレットスンが彼女の居所を知っているのは間違いないと、
バーソロミューはにらんでいた。
事実、ウィレットスンがメラニーを男装させて匿っているのを知った
サムスンは、バーソロミューの目を晦まし、二人を逃がそうとした。
が、事件に深入りしていったサムスンの前には、二人が異母兄妹で
あり、しかもメラニーには幼児殺しの疑いがかけられているという
意外な事実がつぎつぎと浮かびあがってきた!
ロス・マクドナルドをはじめ、各方面から絶賛を浴びるネオ・ハード
ボイルドシリーズ第3弾。



アルバート・サムスン・シリーズ第3弾。
2がない…

面白い
やっぱりハードボイルドは楽しい

ポケミスって、今も出てるのかしら…


アルバート・サムスン・シリーズ
A型の女  Ask the Right Question 1971年
死の演出者  The Way We Die Now 1973年
内なる敵  The Enemies Within 1974年
沈黙のセールスマン  The Silent Salesman 1978年
消えた女  Missing Woman 1981年
季節の終り  Out of Season 1984年
豹の呼ぶ声  Called by a Panther 1991年
眼を開く  Eye Opener 2004年


関連記事
[マイクル・Z・リューイン]  [内なる敵]  [島田三蔵

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/539-1beee84e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)