Homeレイモンド・チャンドラー>ロング・グッドバイ レイモンド・チャンドラー 村上春樹訳

Thu2016.09.15


ロング・グッドバイ レイモンド・チャンドラー 村上春樹訳

ロング・グッドバイ レイモンド・チャンドラー 村上春樹訳
早川書房

2016.9.13

1
2
3

53
訳者あとがき  準古典小説としての『ロング・グッドバイ』


裏表紙より。

私立探偵のフィリップ・マーロウは、億万長者の娘シルヴィアの夫
テリー・レノックスと知り合う。あり余る富に囲まれていながら、
男はどこか暗い蔭を宿していた。何度か会って杯を重ねるうち、
互いに友情を覚えはじめた二人。しかし、やがてレノックスは
妻殺しの容疑をかけられ自殺を遂げてしまう。が、その裏には
悲しくも奥深い真相が隠されていた……村上春樹の新訳で話題を
呼んだ新時代の『長いお別れ』が文庫版で登場



『ロング・グッドバイ』!
『長いお別れ』が!
と、いうことも、最初のときほど気にならず…
(さすがに清水俊二の訳は古いって思ったせいか

むしろ、
テリー・レノックスが、脳内ですっかり綾野剛になって
しまうことに少々困惑。

ま。
NHKドラマ『ロング・グッドバイ』を、
うっかり浅野忠信だから見てしまったときは
綾野剛ってなんだよー
と思ったけれど。
ドコモのCM「ひかりって、誰?」篇以来、
綾野剛が好きなので、
脳裏にちらついても、全然気にならない。

フィリップ・マーロウ42歳。
リンダ・ローリング36歳。
そして、1年半後、『プレイバック』の最後につながるのか…

村上春樹のあとがきが50ページもある!
そこまでつきあえないや…

それにしても、『ロング・グッドバイ』、594ページ。
『プレイバック』、289ページ。
しかも1ページの文字数が、『プレイバック』の方がゆったり。
『ロング・グッドバイ』、読んでも読んでも終わらないと思った…


関連記事
[レイモンド・チャンドラー]  [ロング・グッドバイ]  [村上春樹

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/526-b27c5bef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)