Home平岩弓枝>お伊勢まいり 新・御宿かわせみ 平岩弓枝

Wed2016.08.03


お伊勢まいり 新・御宿かわせみ 平岩弓枝

お伊勢まいり 新・御宿かわせみ 平岩弓枝
文藝春秋

2016.7.30

発端
展開
終幕


帯より。

「御宿かわせみ」の面々が、
東海道から伊勢路へ

最初で最後の長編小説


そー… ですね

「かわせみ」のシリーズ40作目なんだ。

なんだか読みづらいのは、私の読解力のせいではなく、
作者がとっちらかした伏線を回収しないせいではないかと
思えてきました…

かわせみが改修工事で休業する間、
お千恵に誘われて、伊勢講に参加するるい。

小泉屋五郎兵衛が、妹の久江と話をする大坂屋平八に
険しい視線を向けている理由が語られるべきところに、
老舗の薬種問屋の中西屋繁兵衛と
西洋の薬も扱って流行っている薬種問屋大坂屋平八が
一緒に旅をするのは剣呑だと長助が思っている
というくだりが…
関係なくない?
おまけに、後半、大坂屋と中西屋は仲良しだと
語られて…
この長助の不安が明かされるシーンはなに?

途中の渡しで、おるいを支えてくれた書生風の男…
若先生に似てるの似てないのと話題にしたワリに
その場限りの登場人物。
ここで長助とお吉がいう「若先生」が、
麻太郎を指しているらしいことに、愕然…
お吉の中で、東吾はもう過去のヒトなの?

るいがお千恵との会話の最中、
…麻太郎の父が誰か知れないわけはなかった。
知っていて口に出さないだけである。真実は
胸の奥にしまい込んで、あの世まで持って行く
覚悟も出来ている…

と、心の中で思っているのだけれど、
なんで今さらこんなつぶやきが?
さんざんみんなで麻太郎に東吾をダブらせて
涙してきたのに?
麻太郎自身、東吾を実の父って言ってるのに?

どういう設定でしたっけ?

そしていきなり麻太郎がイギリスから帰国して
お伊勢参りに合流するとの便り…

イギリスに留学して2年、でしたよね?
『千春の結婚』では、まずイギリスに行って、
それからアメリカに行って、5年は覚悟しろ
とか言われてなかった?

そして170ページの長編の、120ページ辺りで
突然、お千恵が敵討ち?

え。それが主題?

源三郎を殺した犯人がわかるくだりも
???

長助はいつからわかってたの?
なんで、お伊勢参りを仕組んどいて、
わざわざ途中で東京に身元確認に戻るの?

色々さっぱりわからないのに、
源三郎殺しの犯人は雷にうたれ、
お千恵が手を汚すことなく成就。

源三郎、安らかに…

か?

そして、麻太郎。
一時帰国かと思いきや、2年ですっかり帰国。
アメリカはどうした?

一条結子は?

最後はすっかり改修工事も終わったかわせみに
みなさん勢揃いで大団円。

なんだかなー…


関連記事
[平岩弓枝]  [お伊勢まいり]  [新・御宿かわせみ]  [ひらいわゆみえ

COMMENT

+書評投稿サイト「本が好き!」のご案内

突然のコメント、失礼いたします。
書評コミュニティサイト「本が好き!」を運営しております、和氣と申します。

今回レビューを拝読し、ぜひ本が好き!にも書評を投稿していただきたいと思いコメントいたしました。

本が好き!URL: http://www.honzuki.jp/

本が好き!では、書評(レビュー)をサイトに投稿していただくと本がもらえる、献本サービスを行なっております。

献本は書評(レビュー)を1件以上ご投稿いただけると申し込み可能となります。貴ブログの過去のエントリを転載いただいても構いませんので、ご投稿いただければ幸いです。
(そのため、ご登録後すぐは献本サービスのご利用ができませんので、ご登録後にinfo@honzuki.jpまでご連絡いただければ幸いです。)

書評家さんの交流も盛んで、本について語れるサイトとなっております。

ご自身の書評サイトと併用で利用されている方も多いです。
(弊サイトの書評掲載画面に、貴ブログへのリンクを貼ることができます。)

よろしければ一度サイトをご覧いただけますと幸いです。

不明な点などありましたらお気軽にご連絡ください。(info@honzuki.jp)

どうぞよろしくお願いいたします。

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/514-d0dc694c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)