Home平岩弓枝>花世の立春 新・御宿かわせみ3 平岩弓枝

Fri2016.07.22


花世の立春 新・御宿かわせみ3 平岩弓枝

花世の立春 新・御宿かわせみ3 平岩弓枝
文春文庫

2016.7.21

明石橋の殺人
俥宿の女房
花世の立春
糸屋の女たち
横浜不二山商会
抱卵の子


裏表紙より。

七日後の立春に結婚をする決意をした花世は、花嫁
修業に目もくれなかったつけが回り、てんてこ舞いに。
るいや麻生宗太郎ら周囲の温かな支援で源太郎との
祝言を無事あげる表題作ほか、老舗の糸屋で起きた
連続殺人事件「糸屋の女たち」、築地居留地の清国人の
不審死にはじまる人情譚「抱卵の子」など、六篇からなる
珠玉の短篇集。



読む本がないから堂場瞬一、池井戸潤、
は、しばらくやめようかと思って。
困ったときの時代小説

『花世の立春』は再読。

ウロ覚えなのはさておき、リズムがつかめず読みづらい…

やっぱり東吾がいないせいかなー
というか、人間関係がウロ覚えなせいか

『御宿かわせみ』、最初から?


関連記事
[平岩弓枝]  [花世の立春]  [新・御宿かわせみ3]  [ひらいわゆみえ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/510-fe527c21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)