Home>罪と罰 上・下 ドストエフスキー 工藤精一郎訳

Tue2016.05.31


罪と罰 上・下 ドストエフスキー 工藤精一郎訳

罪と罰 上・下 ドストエフスキー 工藤精一郎訳
新潮文庫

2016.5.29

第一部
第二部
 …
第六部
エピローグ
解説  工藤精一郎


上巻・裏表紙より。

鋭敏な頭脳をもつ貧しい大学生ラスコーリニコフは、
一つの微細な罪悪は百の善行に償われるという理論
のもとに、強欲非道な高利貸の老婆を殺害し、その
財産を有効に転用しようと企てるが、偶然その場に
来合せたその妹まで殺してしまう。この予期しなかった
第二の殺人が、ラスコーリニコフの心に重くのしかかり、
彼は罪の意識におびえるみじめな自分を発見しなけ
ればならなかった。


下巻・裏表紙より。

不安と恐怖に駆られ、良心の呵責に耐えきれぬラスコー
リニコフは、偶然知り合った娼婦ソーニャの自己犠牲に
徹した生き方に打たれ、ついに自らを法の手にゆだねる。
――ロシヤ思想史にインテリゲンチャの出現が特筆された
1860年代、急激な価値転換が行われる中での青年層の
思想の昏迷を予言し、強烈な人間回復への願望を訴えた
ヒューマニズムの書として不滅の価値に輝く作品である。


『『罪と罰』を読まない』が面白かったので、
『罪と罰』を読んでみる。

上巻やっと200ページくらいのところ、
飲み屋のおかみが警察でまくしたてるシーンで
読んだことあるかも…
という気がする。

全然本筋と関係ない、おかみだって
その後2度と出てこない登場人物なのに。
強烈な既視感

なんだろー…
読んだことあるのかなー…
それとも、ディケンズあたりに似たような場面が
あったのかなー…

結局、やっぱり読んだことあるのかも、
と思いながら、
でも、確証もなく、読了。

こんな話なんだ。

ラスコーリニコフ、太宰か!
『人間失格』?
独白長いし。
ハムレットとか。
しかも、エピローグまできて
全然反省してなかったのか おまえ
というショーゲキ

解説の最後に

トルストイとドストエフスキーの両巨匠は、1960年代の
改革に浮かれ騒ぐ若い世代に、いかにも両者らしい
やり方で警告をあたえた。トルストイは『戦争と平和』で
ロシアのあるべき理想の姿を教え、ドストエフスキーは
『罪と罰』で人間の本性を忘れた理性だけによる改革が
人間を破滅させることを説いたのである。


なるほど。


[ドストエフスキー]  [罪と罰]  [工藤精一郎訳

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/489-94b8387c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)