Home>うそつき、うそつき 清水杜氏彦

Tue2016.04.26


うそつき、うそつき 清水杜氏彦

うそつき、うそつき 清水杜氏彦
早川書房

2016.4.23

【プロローグ】
【A1】 フラノ十八歳
【B1】 フラノ十六歳
【A2】 フラノ十八歳
【B2】 フラノ十六歳
【A3】 フラノ十八歳
【B3】 フラノ十六歳
【A4】 フラノ十八歳
【B4】 フラノ十六歳
【A5】 フラノ十八歳
【B5】 フラノ十六歳
【A6】 フラノ十八歳
【B6】 フラノ十六歳
【A7】 フラノ十八歳
【B7】 フラノ、十六歳から十八歳まで
【A8】 フラノ十八歳
【エピローグ】
第五回アガサ・クリスティー賞選評


カバーより。

国民管理のために首輪型嘘発見器の着用が義務付けられた世界。
非合法の首輪除去技術を持つ少年フラノは、強盗犯、痣のある少女、
詐欺師、不倫妻、非情な医者、優しすぎる継母など、様々な事情を
抱えた人々の依頼を請けて日銭を稼いでいた。だが彼には密かな
目的があった。ある人のために特殊な首輪を探しだして、外すこと。
首輪には複数のタイプがあり、中でも、フラノに技術を仕込んだ師匠で
すら除去法を教えられず、存在自体ほとんど確認されていない難攻
不落の型こそ、フラノが探す首輪・レンゾレンゾだった。レンゾレンゾを
求めることがやがてフラノを窮地へ追いやり、さらには首輪に隠された
秘密へと導いてゆく。人はなぜ嘘をつき、また真実を求めるのか。
フラノが辿り着いた衝撃の結末とは?

近未来の管理社会を生きる少年の苦悩と成長を瑞々しい筆致で描く、
ディストピア青春ミステリ。小説推理新人賞とダブル受賞でデビュー
した超大型新人による、第5回アガサ・クリスティー賞受賞作。


ピッピがフラノに
「餞(はなむけ)よ。あなたと彼女のぶん。今のあなたたちに必要なもの」
と言いながら瓶ビールを2本くれたら、
それが必死に探し求めていた「薬品」だ
と思うでしょ、ふつう。
なんであっさり捨てちゃうかなー…
あんたはばかか
予想外のラストに、フラノをなじりたくなる。
死ななくてもいいじゃん…

本で読むより、アニメで見たい感じ。

ところで、アガサ・クリスティー賞って、何の賞?
ミステリ?
これ、アガサ・クリスティー賞受賞作?


関連記事
[清水杜氏彦]  [うそつき、うそつき]  [しみずとしひこ

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://booksmemomemo.blog.fc2.com/tb.php/482-beed9634
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)